Sports Graphic Number SpecialBACK NUMBER

[イチマニアが語る]今江敏晃「WBCで戦い、学んだこと」

posted2022/04/15 07:04

 
[イチマニアが語る]今江敏晃「WBCで戦い、学んだこと」<Number Web> photograph by Naoya Sanuki

text by

赤坂英一

赤坂英一Eiichi Akasaka

PROFILE

photograph by

Naoya Sanuki

「僕にとって、イチローさんは神様です」

 真顔でそう言い切る今江敏晃は、子供のころによく「イチローに似てるね」と大人に言われた。「イチローさんがムチャクチャ大好きだったので」、野球でプレーを真似したのはもちろん普段着もイチロー風ファッションで決めていたからだ。

「小学生のころは、三ツ矢サイダーのCMに出てたイチローさんと同じような格好をしてました。ダボダボの七分丈のズボンにナイキのエアマックスに似たスニーカーを履いてね。そのころ流行ったdj hondaの帽子を後ろ向きにかぶって、前髪を垂らしたりもしてたな。僕、それぐらい、マニアックなファンだったんですよ」

 プロ5年目の2006年、その「神様」とともに、第1回WBC日本代表に選出。これがイチローとの初めての出会いだ。

「野球人生で一番大きな財産になった出来事です。最初に挨拶したときは足が震えてました。何喋ったか、全然覚えてない」

 すっかり舞い上がっていた今江に、イチローは意外なほど気さくに接してくれた。

「普段話しているときは、もうごく普通のおにいさん。結構、冗談も口にされますし、とても人間味のある方なんですよ。グラウンドのイメージとは全然違ってました」

 日本代表には“イチロー信者”だと公言しているソフトバンクの川崎宗則もいた。どっちがどれだけ憧れの人について詳しく知っているか、イチロー本人の前で、今江は川崎とムキになって張り合った。

「俺はこういうことを知ってんだぞって宗さんが言うと、僕だってこんなこと知ってますよってアピールの競争。イチローさん、笑ってましたよ。何か、うれしそうに」

こちらは雑誌『Number』の掲載記事です。
Numberプレミアムクラブ会員になると続きをお読みいただけます。

残り: 987文字

Numberプレミアムクラブ会員(月額330円[税込])は、この記事だけでなく
NumberWeb内のすべての有料記事をお読みいただけます。

関連記事

イチロー
今江敏晃

プロ野球の前後の記事

ページトップ