松坂大輔「怪物秘録」BACK NUMBER

松坂大輔「ピッチャーは好きじゃなかった」(連載2)

posted2022/04/13 07:00

 
松坂大輔「ピッチャーは好きじゃなかった」(連載2)<Number Web>

小学校5年の夏に行われた第14回都知事杯争奪東京都学童軟式野球大会での打席(写真は松坂氏提供)

text by

石田雄太

石田雄太Yuta Ishida

PROFILE

体験入団の日に放った満塁ホームランをきっかけに少年は野球に没頭する。夢は打者として100億円プレイヤー。投手として才能が開花するのはまだ先のことだった。

 松坂大輔が小学2年生のときのことだ。近所の公園で遊んでいた松坂は、走って道路を渡ろうとして交通事故に遭った。数m先まで飛ばされ、地面に叩きつけられたのだという。生死にかかわるケガをしていても不思議ではない程の事故だった。

◆◆◆

 あれはまだ野球チームに入る前のことでした。小学校の友だちとみんなで、ドロケイ(泥棒と警察の略称、缶蹴りや鬼ごっこのような遊び)をしていたんです。じゃんけんで泥棒と警察に分かれて、捕まった人も味方にタッチしてもらえれば逃げられる、そんなルールでした。そのドロケイをやっていて、泥棒役の僕は隠れてるところを見つかって、走って逃げました。そうして警察役の友だちから追いかけられている途中で、車にはねられちゃったんです。

こちらは雑誌『Number』の掲載記事です。
Numberプレミアムクラブ会員になると続きをお読みいただけます。

残り: 2730文字

Numberプレミアムクラブ会員(月額330円[税込])は、この記事だけでなく
NumberWeb内のすべての有料記事をお読みいただけます。

関連記事

松坂大輔

プロ野球の前後の記事

ページトップ