SCORE CARDBACK NUMBER

3P絶好調でも、変わらぬスタンス。八村塁のミッドレンジへのこだわり。

posted2022/03/24 07:00

 
3P絶好調でも、変わらぬスタンス。八村塁のミッドレンジへのこだわり。<Number Web> photograph by Getty Images

ウィザーズのウェス・アンセルドJr.HCも八村の成長に太鼓判。苦手だった3P成功率は大幅な向上を見せている

text by

宮地陽子

宮地陽子Yoko Miyaji

PROFILE

photograph by

Getty Images

「僕のゲームは3ポイントショットではない」「3ポイントは、そこまで意識していない」

 八村塁(ワシントン・ウィザーズ)は、最近、何度もそう口にする。3ポイントが入らないことの言い訳ではない。むしろ逆で、今季、八村の3ポイント成功率は51.9%(3月8日時点)と好調。試打数は1試合あたり2.3本と少ないが、確率だけならリーグ上位レベルだ。

 NBA1季目は28.7%、2季目の昨季は32.8%と平均以下だったのが、地道に試合を想定した練習を続けたことで確率があがってきた。いつも、ディフェンスやアリーナの歓声など、試合中の状況を想像しながら練習しているのだという。

こちらは雑誌『Number』の掲載記事です。
Numberプレミアムクラブ会員になると続きをお読みいただけます。

残り: 592文字

Numberプレミアムクラブ会員(月額330円[税込])は、この記事だけでなく
NumberWeb内のすべての有料記事をお読みいただけます。

関連記事

八村塁
ワシントン・ウィザーズ

バスケットボールの前後の記事

ページトップ