Sports Graphic Number SpecialBACK NUMBER

カロン・バトラーが八村塁を語る「1年目の成長速度に驚かされた」~オールスター選手の視点~

posted2020/11/23 08:00

 
カロン・バトラーが八村塁を語る「1年目の成長速度に驚かされた」~オールスター選手の視点~<Number Web> photograph by Getty Images

2月のバックス戦ではアデトクンボ相手に守備で奮闘。2年連続MVPをファウルアウトに追い込んだ

text by

杉浦大介

杉浦大介Daisuke Sugiura

PROFILE

photograph by

Getty Images

コロナ禍での中断、BLM運動の高まりなど、イレギュラーなことが頻発したルーキーシーズンだった。故障離脱もありながら奮闘した八村の評価を、大学時代から見続けてきたウィザーズOBに聞いた。

 ルーキーシーズンの塁は素晴らしかったと思う。NBAでも即戦力になり、1年目の選手ながら成熟したパフォーマンスが印象に残っている。

 ボールハンドリングが上手いし、シュート力もある。ルーキーとしてはパフォーマンスが安定していたのも大きかった。2019-'20シーズンにデビューした中ではトップ4、5に入るルーキーだったし、オールルーキー1stチームに入るべきだったと今でも思っている。

 私は塁がウェスト・コースト・カンファレンス(WCC)のゴンザガ大でプレーしていた頃から注目していて、カレッジ時代も彼がすごい速さで成長するのを見ていたから、ウィザーズですぐに活躍しても驚きはしなかった。ゴンザガでの3年間でシステムに適応し、チームの一員としてボールをさばけるようになった。スコアラーとして成功し、最終的にはゴー・トゥ・ガイ(切り札)としての自分を確立した。3年生時にはWCCだけでなく、もう全米でも5本の指に入るような選手になった。そういった姿を見ていたから、NBAでも成長が止まるとは思わなかったんだ。

 塁が所属するウィザーズはスモールボールを多用するチーム。塁は主にSG、SF、PFでプレーしたが、76ers戦ではセンターに入り、オールスター選手のジョエル・エンビードとマッチアップしたこともあった。股関節のケガで多くのゲームを休んだ期間を除き、様々なポジションで多才さを示してくれたことは心強かった。

こちらは雑誌『Number』の掲載記事です。
ウェブ有料会員になると続きをお読みいただけます。

残り: 2589文字

ウェブ有料会員(月額300円[税別])は、この記事だけでなく
NumberWeb内のすべての有料記事をお読みいただけます。

NBA, The Great Legacy 1990-2020八村塁とスーパースターの時代
八村塁
カロン・バトラー
ワシントン・ウィザーズ
ベン・シモンズ

バスケットボールの前後の記事

ページトップ