Sports Graphic Number SpecialBACK NUMBER

[涙と笑顔の快挙]カーリング女子「苦しい舞台で楽しむ覚悟」

posted2022/02/27 07:00

 
[涙と笑顔の快挙]カーリング女子「苦しい舞台で楽しむ覚悟」<Number Web> photograph by Naoya Sanuki/JMPA

20日の決勝、イギリス戦第9エンドを終え、日本代表がコンシードを宣言。銀メダルが確定した

text by

松原孝臣

松原孝臣Takaomi Matsubara

PROFILE

photograph by

Naoya Sanuki/JMPA

「ナイス~」「やってみるか~」「いいと思う!」日本史上初の銀メダルを掴み取った道産子軍団は、なぜ、ピンチでも明るい声を出し、笑顔でいられたのか。前向きな言葉と笑顔で乗り越えた2度目の五輪を振り返る。

 銀色のメダルを手にすると、涙と笑みが溢れた。カーリング女子日本代表の「ロコ・ソラーレ」は、日本初となる銀メダルを獲得し、11日間の激闘を終えた。前人未踏の決勝の舞台に立つまでには、屈指の強豪との2連戦での変貌があった。

 2月17日のカーリング女子予選リーグ最終戦。準決勝に進める上位4カ国のうち、スイスとスウェーデンがすでに進出を決め、日本はこの時点で5勝3敗の3位。最終戦に勝てば決勝トーナメント進出、負ければ日本、イギリス、カナダ、韓国に進出する可能性がある状況だった。最終戦の対戦相手は世界ランク1位のスイス。予選リーグも1位、直接対決の戦績は2勝10敗という難敵だった。

「あたって、砕けろ、いや、砕けたくはないですけど」

 サード吉田知那美が試合前日に発したこの言葉は、笑いを含ませながら実力差を感じる相手であることを示していた。

 試合は立ち上がりから、観る者に緊迫感を与える拮抗した展開が続く。

 後攻が得点をとりつつ迎えた第4エンド、ブランクエンド(両チーム無得点のこと)を狙ったスキップ藤澤五月のラストショットはストーンに当たることなくスルー。スイスに1点スチールを許す。続く第5エンドでも藤澤のショットにミスがあり、スイスが2点のスチール。その後追いつけず4-8で痛い負けを喫する。

こちらは雑誌『Number』の掲載記事です。
Numberプレミアムクラブ会員になると続きをお読みいただけます。

残り: 2869文字

Numberプレミアムクラブ会員(月額330円[税込])は、この記事だけでなく
NumberWeb内のすべての有料記事をお読みいただけます。

関連記事

ロコ・ソラーレ
吉田知那美
藤澤五月
鈴木夕湖
吉田夕梨花
石崎琴美
北京冬季五輪
オリンピック・パラリンピック

冬季スポーツの前後の記事

ページトップ