Sports Graphic Number SpecialBACK NUMBER

[超鳥人インタビュー]小林陵侑「やっぱり飛ぶのが楽しいから」

posted2022/02/27 07:02

 
[超鳥人インタビュー]小林陵侑「やっぱり飛ぶのが楽しいから」<Number Web> photograph by Naoya Sanuki/JMPA

text by

松原孝臣

松原孝臣Takaomi Matsubara

PROFILE

photograph by

Naoya Sanuki/JMPA

25歳で2度目の五輪を迎えた天才ジャンパーは、重圧を乗り越え、ノーマルヒルで金、ラージヒルでも銀メダルを見事に獲得した。全競技終了後、現地で見せた表情と、思わず吐露した本音とは――。

 出場した計4試合、長丁場の闘いが終わった翌日のことだ。

 朝からプレスセンターでのメダリスト会見などをこなしたあと、張家口にある選手村のインタビュールームに現れたその姿には、試合では一瞬たりとも感じさせることのなかった疲労の跡がうかがえた。

「やっとこのハイプレッシャーな期間が終わって、ほっとしているというのが今の正直な気持ちです。でも、試合が終わってみてハイプレッシャーがあったんだと感じているだけで、いつからプレッシャーがあったとかはあまり覚えていないです」

 こちらが一瞬、疲労かと感じたのは、むしろ解放感であったのかもしれない。

「撮影のために」と持参し、今、手にしているのは金と銀の2つのメダル。朝の光で柔らかな輝きを放っている。それは4年かけての取り組みが成就した証だった。

 ノルディックスキー・ジャンプの小林陵侑は、大会前から金メダル候補として期待を集めていた。その注目は、知らず知らずに本人の重圧ともなっていただろう。それを跳ね返し、ノーマルヒルでは日本ジャンプ24年ぶりの金メダル、ラージヒルでも銀メダルを獲得してみせた。

 この北京ではジャンプ直後に示す感情がいつにも増して大きかったのも、プレッシャーの大きさを物語っていた。

こちらは雑誌『Number』の掲載記事です。
Numberプレミアムクラブ会員になると続きをお読みいただけます。

残り: 3498文字

Numberプレミアムクラブ会員(月額330円[税込])は、この記事だけでなく
NumberWeb内のすべての有料記事をお読みいただけます。

関連記事

小林陵侑
北京冬季五輪
オリンピック・パラリンピック

冬季スポーツの前後の記事

ページトップ