Sports Graphic Number SpecialBACK NUMBER

[8年越しの初メダル]フィギュアスケート団体「繋いだ心のバトン」

posted2022/02/26 07:02

 
[8年越しの初メダル]フィギュアスケート団体「繋いだ心のバトン」<Number Web> photograph by Asami Enomoto/JMPA / Ryosuke Menju/JMPA

text by

野口美惠

野口美惠Yoshie Noguchi

PROFILE

photograph by

Asami Enomoto/JMPA / Ryosuke Menju/JMPA

過去2大会メダルに届かなかった種目で、チームジャパンはメダルを手繰り寄せた。普段は別々に戦う選手たちがお互いに支え合う。総力戦となった激闘の軌跡を追う。

 フィギュアスケート団体戦で、日本はソチ五輪から3大会目にして念願のメダルを獲得した。8演技のうち2演技を残してメダル確定という「圧巻」の試合運び。チームジャパンの結束力が、歴史の扉を開けた。

 10カ国が参加し、各演技の「順位点」の合計で争う。日本は要となる一番手に宇野昌磨、締めとなる女子フリーに坂本花織、ともに五輪経験者をエントリーした。

「今回は狙えるじゃないですか、メダル。もしジャンプを2つ失敗したら、僕のせいで……という不安はありますが、失敗を恐れた演技はしたくない。最善を尽くして、ダメだったら真剣に謝ります」

 宇野がそう話すと、坂本も意を決した。

「フリーお願いしますって言われて、スケジュール見たら、最後! 中野園子先生からは『あなたで決まるのよ、メダル』と言われて……。メダルを考えたら失敗するので、演技に集中しようと思います」

 2月2日、8人が北京で合流。練習や選手村での生活を通し、気持ちを繋いでいった。坂本は初日から終始落ち着いていた。

「練習からノーミスすれば自信になるという、自分の芯となる考え方があるので、緊張してもそこに戻るようにしています」

 しかし樋口新葉は調子が上がらず、トリプルアクセルどころか3回転ルッツも不調。すると女子2人が面白いかけあいをした。

こちらは雑誌『Number』の掲載記事です。
Numberプレミアムクラブ会員になると続きをお読みいただけます。

残り: 1837文字

Numberプレミアムクラブ会員(月額330円[税込])は、この記事だけでなく
NumberWeb内のすべての有料記事をお読みいただけます。

関連記事

宇野昌磨
坂本花織
樋口新葉
ステファン・ランビエル
木原龍一
三浦璃来
小松原美里
小松原尊
鍵山優真
北京冬季五輪
オリンピック・パラリンピック

フィギュアスケートの前後の記事

ページトップ