Sports Graphic Number SpecialBACK NUMBER

[牙城を崩した熱演]坂本花織「勝負のダンスは朝練のように」

posted2022/02/26 07:03

 
[牙城を崩した熱演]坂本花織「勝負のダンスは朝練のように」<Number Web> photograph by Sunao Noto/JMPA

text by

松原孝臣

松原孝臣Takaomi Matsubara

PROFILE

photograph by

Sunao Noto/JMPA

4年前と異なり、日本のエースとして挑んだ2度目の舞台。立ち塞がるロシア勢に風穴を開ける快挙は、練習に裏打ちされた“緊張”から生まれた。

 驚きとともに、涙が止まらなかった。

 2月17日、フィギュアスケート女子シングルで、伊藤みどり、荒川静香、浅田真央に続く日本4人目のメダリストが誕生した。3位となり、表彰台にのぼった坂本花織は、信じられないといった様子で「もう、びっくりです」と語った。

 その45分前、フリーの演技を終えた坂本は、成績上位3名が待機する「グリーンルーム」の2位の席に腰掛けた。左隣には1位のアレクサンドラ・トゥルソワ。その隣に3位の樋口新葉がいる。続くアンナ・シェルバコワが演技を終えて1位。最終滑走のカミラ・ワリエワの演技前に坂本は3位の席に移り、部屋から出ようとする樋口にこう告げた。

「すぐに行くね」

 坂本にとってワリエワに抜かれるのは疑いようがなかった。ところが、ワリエワは序盤からジャンプのミスなどが相次ぐ。

「自分の得点を把握していなくて、『私はいったい何位なんやろ?』と思いました」

 モニターに映し出された順位は上から3番目。樋口と再会したのは、表彰台を下りた後だった。

 大会の前から、シニアデビュー以来無敗のワリエワを中心にロシアの3選手が優勝を争うと見られていた。複数本の4回転ジャンプなど高難度のジャンプを持つアドバンテージは大きく、全日本選手権王者の坂本でもフリーの今季ベストはワリエワと約40ポイント差。ロシア勢に少しでも対抗すべく、上位の選手は4回転ジャンプやトリプルアクセルなどの習得に力を注いできた。しかし、牙城を崩したのは、4回転もトリプルアクセルもない坂本だった。

こちらは雑誌『Number』の掲載記事です。
Numberプレミアムクラブ会員になると続きをお読みいただけます。

残り: 2251文字

Numberプレミアムクラブ会員(月額330円[税込])は、この記事だけでなく
NumberWeb内のすべての有料記事をお読みいただけます。

関連記事

坂本花織
中野園子
北京冬季五輪
オリンピック・パラリンピック

フィギュアスケートの前後の記事

ページトップ