Sports Graphic Number SpecialBACK NUMBER

[前人未到の挑戦を見て]羽生結弦へのメッセージ――白井健三「『30年前の羽生結弦ってすごいね』と言われる日が楽しみ」

posted2022/02/25 07:05

 
[前人未到の挑戦を見て]羽生結弦へのメッセージ――白井健三「『30年前の羽生結弦ってすごいね』と言われる日が楽しみ」<Number Web> photograph by Asami Enomoto/JMPA

text by

野口美惠

野口美惠Yoshie Noguchi

PROFILE

photograph by

Asami Enomoto/JMPA

不運に見舞われたSPからの逆転を懸けて、足首の故障を抱えながら4回転半の大技に挑んだ。五輪の舞台で見せた勇姿に捧げる、盟友たちのエール。

 体操で自身の名が付く新技を6つも生み出してきた白井健三。未知の領域への挑戦を知る者として、羽生結弦の歩む日々を、真摯なまなざしで見つめていた。

「現地入りしてからの羽生選手の発言を聞いて、やらないという考えは全くない強い意志を感じました。僕が勝手に感じていたことですが、羽生選手はソチ五輪や平昌五輪と同じ内容の演技で勝つだけでは満足できない。『自分が心から満たされるプログラムは何だろう』と素直になった時に、4回転アクセルを入れた演技に辿り着いたのだろうと思って見ていました」

 3連覇のタイトルもかかる中、羽生はリスクの高い大技に怯まなかった。

「僕の場合は3度目の金がかかる世界選手権で、一番難しい『シライ3』を成功させ優勝しました。その時は『白井健三の床を見てくれ』という気持ちが大きかったです。『勝ちという景色』を知る者として、違ったオリンピックの形を残したいという思いは、羽生選手の中に必ずあったはずです」

 ショートはアクシデントがあり8位発進。しかし白井には共鳴するものがあった。

「ショートでの出遅れは、気持ちを切り替える材料になるかもしれないと思いました。僕も1日目で出遅れて、2日目は気持ち良く演技できたという経験があります。『逆転のためには成功させるしかない』と吹っ切れた、そうあって欲しいと思いました」

こちらは雑誌『Number』の掲載記事です。
Numberプレミアムクラブ会員になると続きをお読みいただけます。

残り: 1440文字

Numberプレミアムクラブ会員(月額330円[税込])は、この記事だけでなく
NumberWeb内のすべての有料記事をお読みいただけます。

関連記事

羽生結弦
白井健三
宇野昌磨
鍵山優真
内村航平
北京冬季五輪
オリンピック・パラリンピック

フィギュアスケートの前後の記事

ページトップ