Sports Graphic Number SpecialBACK NUMBER

[伊藤みどりが紐解く]日本女子トリプルアクセルの系譜 浅田真央/中野友加里/紀平梨花ほか

posted2022/01/08 07:06

 
[伊藤みどりが紐解く]日本女子トリプルアクセルの系譜 浅田真央/中野友加里/紀平梨花ほか<Number Web> photograph by KYODO

text by

野口美惠

野口美惠Yoshie Noguchi

PROFILE

photograph by

KYODO

高難度ジャンプに挑戦する天才少女が次々と登場してきた女子フィギュア界。4回転ジャンパーも現れ、トリプルアクセルへの挑戦は不可欠なものとなっている。

 1988年に伊藤みどりが成功させて以来、女子の憧れの技として君臨してきたトリプルアクセル。過去33年間で13人の成功者のうち、6人は平昌五輪以降の成功者で、高難度ジャンプ時代が訪れている。女子も4回転を跳ぶ時代が到来したいま、必須になりつつあるトリプルアクセルの魅力と歴史を、伊藤に振り返ってもらった。

 伊藤がトリプルアクセルの練習を始めたのは'84年、14歳の時だった。'84年サラエボ五輪でトリプルアクセルを決めたブライアン・オーサーのビデオを繰り返し見続け、この年11月のNHK杯のエキシビションでついに成功。記録に残らない、世界女子初となる成功だった。その後、練習中に骨折して再び挑戦することを諦めていた伊藤の心に火を付けたのは、'88年カルガリー五輪後に招聘された北米のアイスショーだった。

「『ミスタートリプルアクセル』と呼ばれたブライアン・オーサーやブライアン・ボイタノと一緒にツアーを回ったんです。トリプルアクセルを生で見ながら『こうやって跳ぶのか! やっぱり私も跳びたい』と目に焼き付けました。男子しか参考に出来ませんから、男子のクオリティで跳ぶのが当たり前。とにかくスピードを出して、前に飛び出して行くことを考えていました」

 '88年のNHK杯で国際大会初成功。金メダルの期待を背負って挑んだ'92年アルベールビル五輪は、現地入りしてからトリプルアクセルが不調に。フリーの前半で挑むも転倒。しかし、演技後半で再度挑んだ。

こちらは雑誌『Number』の掲載記事です。
Numberプレミアムクラブ会員になると続きをお読みいただけます。

残り: 2723文字

Numberプレミアムクラブ会員(月額330円[税込])は、この記事だけでなく
NumberWeb内のすべての有料記事をお読みいただけます。

関連記事

伊藤みどり
浅田真央
中野友加里
紀平梨花
樋口新葉
河辺愛菜
宮原知子
松生理乃
島田麻央

フィギュアスケートの前後の記事

ページトップ