Sports Graphic Number SpecialBACK NUMBER

[掴み取った新境地]鍵山優真「早熟な挑戦者として」

posted2022/01/07 07:03

 
[掴み取った新境地]鍵山優真「早熟な挑戦者として」<Number Web> photograph by Nobuaki Tanaka

text by

野口美惠

野口美惠Yoshie Noguchi

PROFILE

photograph by

Nobuaki Tanaka

シニアデビューの昨季は世界選手権で堂々の銀メダル。勢いに乗り迎えた五輪シーズンは、波乱の幕開けだった。負傷を経て感じた葛藤。しかし18歳の俊英が見せたのは、まるでベテランのような精神力と、奇跡の大逆転劇だった。

「昨季の全日本選手権や世界選手権の映像を見返したら、不安な表情がなくて、すごく楽しそうに滑っていました」

 今季のはじめ、鍵山優真はまるで懐かしい子供時代を振り返るかのように、そう口にした。シニアデビューとなった昨季は、トップ選手と戦うことを楽しんで世界選手権銀メダル。しかし今季は空気感が違った。北京五輪のメダル候補と目され、口では挑戦者と言いながらも、どこかで重圧を感じている自分がいる。18歳となるシーズンは、揺れる心で始まった。

 4月のオフを迎えると、鍵山はまず4回転ループとルッツに着手した。

「世界のトップ選手と試合して、やはり4回転の種類をもう1、2種類増やさないと勝てないのを目の前で実感しました」

 世界選手権2位の肩書きを忘れるためにも、新たな4回転に挑むことは気持ちの拠り所となった。4回転ループは1月に練習していたこともあり、練習を再開するとわずか2日で成功。4回転ルッツもすぐに手応えを掴んだ。父の正和コーチが「優真は、締め方を変えれば他の4回転も跳べる」と太鼓判を押していた通り、驚異的なスピードで習得していく。7月にはこう話した。

「4回転ルッツは少しずつ降りられるようになってきています。今季はまずルッツを試合で入れると思います。4回転ループもだいぶ良い形になってきています」

こちらは雑誌『Number』の掲載記事です。
Numberプレミアムクラブ会員になると続きをお読みいただけます。

残り: 2928文字

Numberプレミアムクラブ会員(月額330円[税込])は、この記事だけでなく
NumberWeb内のすべての有料記事をお読みいただけます。

関連記事

鍵山優真
北京冬季五輪
オリンピック・パラリンピック

フィギュアスケートの前後の記事

ページトップ