JリーグPRESSBACK NUMBER

「汚いプレーヤーでした」J1最多イエロー104枚、大久保嘉人39歳が最後に語る“引退まで191ゴールのウラ側”「日本サッカーはキレイになった」 

text by

栗原正夫

栗原正夫Masao Kurihara

PROFILE

photograph byKatsuyuki Masuda(SIGNO)

posted2021/12/05 11:04

「汚いプレーヤーでした」J1最多イエロー104枚、大久保嘉人39歳が最後に語る“引退まで191ゴールのウラ側”「日本サッカーはキレイになった」<Number Web> photograph by Katsuyuki Masuda(SIGNO)

J1歴代最多のイエローカード104枚、J1通算最多の191ゴール、J1歴代最多のシュート数1135などの記録を持つ大久保嘉人39歳

「W杯に出て感じたのは、日本はすべてにおいて、まだまだってこと。だから、オレは泥臭くても、とにかく走り回った。それに比べると、いまの日本サッカーはキレイになってる。サッカーはゴールを奪い合う競技だからこそ、どこにポジションを取ればゴールを奪えるかをまずは考えるべき。なのに、日本の選手はどこかボールを奪われないようにしているというか……ディフェンスが来ないところでボールを持ち、まずはボールを取られないことを考えている。だから、思い切ってゴールに向かえず、ひとり一人が力を出し切れていないように見えます」

 Jリーグに育てられ、Jリーグで育ってきたと自ら語る大久保は、海外リーグだろうと国際試合だろうとW杯だろうと、どんな舞台でも自分らしさを貫き、全力で挑んできた。そんな姿はきっと多くのサッカーファンの心のなかに刻まれているはずだ。

 気になる引退後については指導者への興味も口にしているが、いまのところ何も決まっていないという。

「指導者ライセンスは1つも持っていないですしね(笑)。正直、まだ何も考えてなくて、シーズンが終わったら家族やマネージャーと相談しながら決めていきたい。これまでサッカーしかやってこなかったので、いろいろなチャレンジができたらとは思っています。とりあえずゴルフでこれまでのベストスコアが91なので、まずは90切りができたら。

 今後の家事について? どうですかね。リバウンドでまったくやらなくなるか、細かいことが気になってやり出すのか。こればっかりは、また家族と一緒に暮らしてみないとわからないですね(笑)」<#1、#2から続く>

ワンオペで家事も育児もこなす“主夫”大久保嘉人と三男との2人暮らしの奮闘を描いた著書『俺は主夫。職業、現役Jリーガー』(講談社)。書影をクリックするとAmazonのサイトにジャンプします
#1から読むセレッソ大久保嘉人39歳が明かす“正式発表3日前…なぜ突然引退を決意したか?”「やっぱり、オレは普通の選手よりも批判されますから」

関連記事

BACK 1 2 3
セレッソ大阪
大久保嘉人
川崎フロンターレ
マジョルカ
国見高校

Jリーグの前後の記事

ページトップ