Number ExBACK NUMBER

《流行語のウラ側》『真夏の大冒険』フジテレビ倉田大誠アナ39歳が明かす「じつは『13歳の冒険がはじまります』と言う予定でした」 

text by

鼠入昌史

鼠入昌史Masashi Soiri

PROFILE

photograph byYuki Suenaga

posted2021/12/02 11:06

《流行語のウラ側》『真夏の大冒険』フジテレビ倉田大誠アナ39歳が明かす「じつは『13歳の冒険がはじまります』と言う予定でした」<Number Web> photograph by Yuki Suenaga

東京五輪でスケボー・ストリートを実況したフジテレビ倉田大誠アナウンサー。「13歳、真夏の大冒険」が流行語にノミネートされた

倉田 じつは、西矢さんの競技のスタートにあわせて「13歳の冒険がはじまります」と言う予定だったんです。でも、言う機会がなかった。いま振り返ってもなぜ言えなかったかはよくわからないんですけど、それどころじゃなかったんでしょうね(笑)。それが競技の終わりになって有明の夏の空の印象と相まって「真夏の大冒険」になって出てきたわけです。「ここで言うぞ」というのではなく、「なんか言っちゃった」というのが正しいかもしれません。

――倉田アナと瀬尻さんのコンビではいくつも印象的なフレーズが出てきましたし、スケボーの魅力もたくさんの人に伝わったと思います。

倉田 瀬尻さんに聞くと、本来のスケボーのジャッジはオーディエンスをどれだけ盛り上げたかもひとつの要素になってくるそうです。ただ、オリンピックは無観客。選手としてもやりづらかったと思いますよ。バチンと技を決めても「ワーッ」という盛り上がりがないし。本来は失敗してもそれはそれで盛り上がるんですって。瀬尻さんは何度も「選手はこれ、やりづらいですよ」と言っていましたね。ただ、逆に言えば板が叩かれる音とかレールを擦る音とか、そういうリアルな音が聞こえたのは良かったのかなとも思いました。

――スケボーは他の競技とは違い、“部活感”がないというのもテレビを見ていて感じました。

倉田 きっと普通の“遊び”から来ている競技のいいところなんでしょうね。男子ストリートで世界ランキング1位のナイジャ・ヒューストンが勝てなかった。実況の立場からすれば、世界1位が勝てなかった、大変なことが起きていると思うんですが、本人たちは「これがダメでも次やればいいでしょ」みたいな感覚なんですよね。金銀銅がすべてじゃない。瀬尻さんが「ストリートでガンガンやっているようなリアルスケーターがイヤにならない中継ができたらいいな」と言ってくれたんです。ぼくもそれを聞いて、ああそうだな、大事にしなくちゃならないカルチャーってあるんだなと。

――それがあの中継につながった。

倉田 「部活感がない」というのはもしかしたら日本人だけの感覚かもしれなくて、世界はきっと野球にしても柔道にしても見方が違うんでしょうね。甲子園だったり、春高バレーだったり、日本では部活=美徳とする見方がありますが、スポーツにはまた違った見方もある……あのオリンピックのスケボーが何かの指針になればいいな、と思いますね。<後編へ続く>

倉田大誠(くらた・たいせい)

1982年3月4日、長野市生まれ。日大芸術学部放送学科を卒業後、04年フジテレビ入社。「めざましテレビ」「FNNスーパーニュース」「笑っていいとも!」などを経て、14年「めざましテレビアクア」、19年「直撃LIVE グッディ!」のメインキャスター。現在は「めざまし8」情報キャスター、「みんなのKEIBA」や春高バレーなど、各種スポーツの実況などで活躍中。
 

『ジャパネット杯 春高バレー』フジテレビ系列全国ネット(2022年)…男女準決勝 1月8日(土)16時~17時30分/男子決勝 1月9日(日)13時30分~14時55分/女子決勝 1月9日(日)16時~17時40分

#2に続く「空の彼方に最後の軌跡!コントレイル!」が話題に…フジテレビ倉田大誠アナに聞く“競馬と春高バレーの実況はここが難しい”

関連記事

BACK 1 2 3 4
倉田大誠
フジテレビ
瀬尻稜
西矢椛
中山楓奈
堀米雄斗
東京五輪
オリンピック・パラリンピック

他競技の前後の記事

ページトップ