審判だけが知っているBACK NUMBER

<私が裁いた名勝負>最終セット、戻ってきたラファの姿に驚いた。 

text by

内田暁

内田暁Akatsuki Uchida

PROFILE

posted2021/11/30 07:01

<私が裁いた名勝負>最終セット、戻ってきたラファの姿に驚いた。<Number Web>

パスカル・マリアさん

語り継がれる名勝負をその演者のひとり、審判が振り返る。彼しか知らない新たな景色が見えてくる。

2008年 ウィンブルドン 男子シングルス決勝
7月6日/AELTC
ラファエル・ナダル 3対2 ロジャー・フェデラー
(6-4、6-4、6-7、6-7、9-7)

6連覇を狙うフェデラーに全仏4連覇直後のナダルが挑んだ決勝は、3年連続の同一カード。ナダルが2セット連取すると、第3セット途中で降雨中断。再開後はフェデラーが連取し最終セットへ。再び中断するも第16ゲームでナダルが勝利を掴んだ。試合時間は4時間48分に及んだ

こちらは雑誌『Number』の掲載記事です。
Numberプレミアムクラブ会員になると続きをお読みいただけます。

残り: 1602文字

Numberプレミアムクラブ会員(月額330円[税込])は、この記事だけでなく
NumberWeb内のすべての有料記事をお読みいただけます。

関連記事

ラファエル・ナダル
ロジャー・フェデラー

テニスの前後の記事

ページトップ