Number on NumberBACK NUMBER

ナダルとフェデラーのV20 ~芝の王者とクレーの王者、21勝目はどちらに~

posted2020/11/01 08:00

 
ナダルとフェデラーのV20 ~芝の王者とクレーの王者、21勝目はどちらに~<Number Web> photograph by Getty Images

現時点で最後の直接対決は2019年のウィンブルドン選手権。準決勝で対戦し、フェデラーが7-6(3)、1-6、6-3、6-4で勝利した

text by

小川勝

小川勝Masaru Ogawa

PROFILE

photograph by

Getty Images

 テニスの全仏オープンでラファエル・ナダルが優勝、全仏オープンでは13回目の優勝となって、グランドスラム大会の通算優勝回数としては20回に到達、ロジャー・フェデラーの優勝回数と並んで、歴代1位タイとなった。

 ノバク・ジョコビッチとの対戦となった決勝戦では、第3セットこそ5-5となる接戦だったが、結局は7-5で勝ってセットカウントは3-0での勝利となった。ナダルは1回戦からすべての試合を3-0で勝利して、1000人に制限されたメーンコートの観客席でも、母国スペインの国旗が見られた。クレーコートの王者として、全仏オープンの歴史上、すでに最高の成績を収めているナダルだが、13回目の優勝で成績をまたひとつ積み上げたのだ。2020年の大会は通常の5月から6月ではなく、新型コロナウイルス感染症の拡大によって10月に延びた大会だったが、ナダルのクレーコートにおける強さは同じだった。

こちらは雑誌『Number』の掲載記事です。
ウェブ有料会員になると続きをお読みいただけます。

残り: 1573文字

ウェブ有料会員(月額300円[税別])は、この記事だけでなく
NumberWeb内のすべての有料記事をお読みいただけます。

桜の再会~ラグビーW杯ベスト8から1年~

関連記事

ラファエル・ナダル
ロジャー・フェデラー

テニスの前後の記事

ページトップ