新刊ドラフト会議BACK NUMBER

『熱波師の仕事の流儀』掛け声、ギャグ、熱さ我慢大会。群雄割拠の熱波師を見逃すな! 

text by

青柳美帆子

青柳美帆子Mihoko Aoyagi

PROFILE

photograph bySports Graphic Number

posted2021/11/30 07:00

『熱波師の仕事の流儀』掛け声、ギャグ、熱さ我慢大会。群雄割拠の熱波師を見逃すな!<Number Web> photograph by Sports Graphic Number

『熱波師の仕事の流儀』サウナーヨモギダ著 ぱる出版 1540円

 サウナブームの盛り上がりと激動を象徴するような本が出た。サウナの布教活動を行うサウナーヨモギダ氏が、「熱波師」や温浴コンサルタントに「熱波師とは何か?」を問いかけ、仕事の哲学やパフォーマンスのこだわりを取材した一冊だ。

「……熱波師?」と首を傾げる読者もいるかもしれない。無理もない、「熱波師」は知名度や勢いがサウナそのものと比べるとまだ低く、じわじわと存在感を高めている最中にある。

 サウナ設備の進化により、サウナストーブの石に水を掛け高熱の水蒸気を発生させる「ロウリュ」を実施できる温浴施設が増えてきた。ロウリュで発生した水蒸気をタオルなどで攪拌すると、室内のサウナ客に熱い風を送ることができる。そのサービスを行う人が「熱波師」であり、本書の主役である。

こちらは雑誌『Number』の掲載記事です。
Numberプレミアムクラブ会員になると続きをお読みいただけます。

残り: 619文字

Numberプレミアムクラブ会員(月額330円[税込])は、この記事だけでなく
NumberWeb内のすべての有料記事をお読みいただけます。

関連記事

他競技の前後の記事

ページトップ