SCORE CARDBACK NUMBER

対抗戦で3年ぶりに早大撃破。元王者・帝京に復権の兆し。

posted2021/11/19 07:00

 
対抗戦で3年ぶりに早大撃破。元王者・帝京に復権の兆し。<Number Web> photograph by Nobuhiko Otomo

早大戦のファーストスクラム直後、雄叫びをあげる帝京・細木主将。ボールを持っての突進も強み。桐蔭学園出身

text by

大友信彦

大友信彦Nobuhiko Otomo

PROFILE

photograph by

Nobuhiko Otomo

 赤いジャージーの男たちが、まるで優勝を決めたように跳び上がり、抱き合った。11月3日、秋晴れの駒沢陸上競技場で、帝京大が29-22のスコアで早大を破った。対抗戦では3年ぶりの早大撃破。岩出雅之監督は「学生が喜んでいる姿を見て、懐かしく、嬉しかった」と言った。大学選手権の連覇が9で途切れて4シーズン目。今の4年生は優勝を知らない。だが、知らないこともときに力になる。

 帝京大が連覇を重ねた源泉には、選手の素材、トレーニング環境に加え、成熟したチーム文化があった。勝って驕らず、学生が互いを指導しあい、感謝と謙虚な姿勢を貫き高みを目指す。その一方で、相手を蹴散らして貪欲に勝利を目指す荒々しさは、いつしか薄れていった――そんな空気が、今季は変わった。

こちらは雑誌『Number』の掲載記事です。
Numberプレミアムクラブ会員になると続きをお読みいただけます。

残り: 575文字

Numberプレミアムクラブ会員(月額330円[税込])は、この記事だけでなく
NumberWeb内のすべての有料記事をお読みいただけます。

関連記事

帝京大学
岩出雅之
細木康太郎
早稲田大学

ラグビーの前後の記事

ページトップ