フィギュアスケート、氷上の華BACK NUMBER

《スケートカナダ優勝》王者ネイサン・チェンを襲った“コーチ不在”のハプニング…それでも「ぼくは大丈夫」と即答できた理由

posted2021/11/02 17:03

 
《スケートカナダ優勝》王者ネイサン・チェンを襲った“コーチ不在”のハプニング…それでも「ぼくは大丈夫」と即答できた理由<Number Web> photograph by Getty Images

スケートカナダではフリーでコーチが不在となるハプニングに見舞われながら、優勝を果たしたネイサン・チェン

text by

田村明子

田村明子Akiko Tamura

PROFILE

photograph by

Getty Images

 10月29日から、カナダのバンクーバーで開催されたGPシリーズ第2戦、スケートカナダ。フリー演技を終えたネイサン・チェンは、一人で腰かけたキス&クライで得点を見ると何度か頷き、ほっとしたように胸の前で両手を合わせた。

 その前の週、ラスベガスで開催されたスケートアメリカでは、チェンは過去3シーズン見せたことのないようなミスを重ねて総合3位に終わっていた。

「何が原因なのかは、自分でもわからない」

「でもまだパニックボタンは押しません」

 そうコメントしたチェンは、大会翌日の月曜日、すぐにバンクーバーに飛んできた。現地のリンクで数日落ち着いて練習をし、このスケートカナダに挑んだのである。

 10月29日のSPでは、4ルッツ、3アクセル、4+3トウループをノーミスで降りて106.72でトップに立った。シニアGPシリーズで2週連戦するのは今回が初めてだが、このスケジュールが幸いしたのだという。

「すぐに再び試合に挑戦するチャンスがあって、良かったです。次まで4週間待たなくてはならない、というようなことではなくて」

 SP後の会見でそう口にしたチェン。あれこれ悩む時間を最小限にして、普段の自分らしい演技を再び見せたことでほっとしたのだろう。顔の表情も、普段の落ち着いたチェンに戻っていた。

アルトゥニアンコーチが巻き込まれたハプニング

 ところが翌日のフリーでは、思いがけないハプニングが待っていた。コーチのラファエル・アルトゥニアンが、会場で設置されていたバブルの外に出てしまい、クレデンシャルをはく奪されたのである。

【次ページ】 コーチ不在にチェンは「ぼくは大丈夫です」

1 2 3 NEXT
ネイサン・チェン
ラファエル・アルトゥニアン
北京五輪
オリンピック・パラリンピック

フィギュアスケートの前後の記事

ページトップ