“ユース教授”のサッカージャーナルBACK NUMBER

「僕には才能がない。だからこそ上を」青森山田・松木玖生(18)が明かす“ビッグマウス”の裏にある思い《FC東京入りの真相》 

text by

安藤隆人

安藤隆人Takahito Ando

PROFILE

photograph byTakahito Ando

posted2021/10/20 17:04

「僕には才能がない。だからこそ上を」青森山田・松木玖生(18)が明かす“ビッグマウス”の裏にある思い《FC東京入りの真相》<Number Web> photograph by Takahito Ando

1年生の頃から中心選手として青森山田を牽引してきたMF松木玖生(3年)。来季からのFC東京加入内定を発表し、気持ち新たに選手権予選に臨む

「世間からすれば自信満々の選手のように映るかもしれません。でも、僕は正直、自分が一番うまいとは思っていなくて、自分では課題だらけの選手だと思っています。そもそも僕は天才ではないし、もともと体も細身だった。そこから筋トレして自分を鍛えてここまできた。中2で高校のセカンドチームの一員として、中3でトップチーム(高校)の一員としてプレーをさせてもらえることができたので、周りよりも早い段階で学ぶことができた。そこで積み重ねたものが周りから『凄い』と言ってもらえているだけで、自分はズバ抜けた才能を持っているわけではない。

 他の選手を羨ましく思う時もたくさんあります。郷家友太さん(ヴィッセル神戸)は何でもハイレベルにできる選手で羨ましかったし、(ダブルボランチを組む同級生の)宇野禅斗はボールを直線的に追いかけて奪える力を持っていて、この1年間はそれをずっと真似したり、参考にしていました。でも、大事なのは『羨ましい』で終わるのではなく、それを学んで自分のものにする。それが楽しいし、まだまだ伸びるという手応えにつながるんです。ドリブルだって、今の僕には何人も抜くことはできないけど、それが少しでも上達すれば自分はもっと上のレベルにいける。学びをやめたら終わり。それを続けてきたからこそ今がある。これからも変わりません」

 進路を決めた松木はまた一段と逞しさが増していた。この日も相変わらず、ピッチ上では大きな声を張り出してチームを牽引していた。

「黙々とやるのが美学かもしれませんが、僕は何も言わないで黙々とやっていても成長しないと思っているんです。まず僕は言葉に出して、それを言ったからには責任が生まれると思うので、それを成し遂げるために練習や試合でやっていく。そこを大切にしています」

 これからどんなキャリアを歩むのか――その道のりに誰よりも期待しているのが、松木玖生自身なのである。

記事内で紹介できなかった写真が多数ございます。こちらよりぜひご覧ください。

この記事の全文は「Number PREMIER」でお読みいただけます。
《バスケ日本代表》ベネズエラ戦、7分18秒の真実…「信じていますか?」トム・ホーバスに問われ続けた比江島慎と川真田紘也
《バスケ日本代表》ベネズエラ戦、7分18秒の真実…「信じていますか?」トム・ホーバスに問われ続けた比江島慎と川真田紘也
甦る死闘。 True Stories of 2023. - Number1086号 <表紙> 大谷翔平

Sports Graphic Number 1086
甦る死闘。
True Stories of 2023.

2023年12月7日発売
800円(税込)

Amazonで購入する

関連記事

BACK 1 2 3
松木玖生
青森山田高校
FC東京

高校サッカーの前後の記事

ページトップ