Sports Graphic Number SpecialBACK NUMBER

[ソダシ最大のライバル]ユーバーレーベン&岡田繁幸「執念の物語は永遠に」

posted2021/10/07 07:03

 
[ソダシ最大のライバル]ユーバーレーベン&岡田繁幸「執念の物語は永遠に」<Number Web> photograph by Photostud

ウイニングランでスタンド前に来ると、デムーロは天を指差し、つづいて鞭を差し上げた

text by

島田明宏

島田明宏Akihiro Shimada

PROFILE

photograph by

Photostud

“馬を見る天才”が作り上げた血の結晶たる少女は、クラシックという悲願をもたらした。牝馬の結実に馬づくりの深淵を見ながら、夢は次代へと確かに受け継がれている。

 今年5月23日に行われた第82回オークスを制したのは、ミルコ・デムーロが騎乗した3番人気のユーバーレーベンだった。デムーロはレース後、天を見上げ、その2カ月ほど前に世を去ったマイネル軍団の総帥・岡田繁幸に勝利を報告した――。

「マイネル」の冠で知られるサラブレッドクラブ・ラフィアンにとっても、生産者のビッグレッドファームにとっても、これが初めてのクラシック制覇であった。これらのクラブと牧場を創設したのも、ユーバーレーベンの父ゴールドシップと、母の父ロージズインメイを種牡馬として導入したのも、岡田だった。そう、ユーバーレーベンは、「馬を見る天才」と言われた岡田の夢と情熱が生んだサラブレッドなのである。

 ユーバーレーベンの3代母マイネプリテンダーは、1995年11月12日にニュージーランドで生まれた。同馬に関して、岡田の長男で、現在サラブレッドクラブ・ラフィアンとビッグレッドファームの代表をつとめる岡田紘和はこう話す。

「父は外国から1歳馬を買うにしても、まず牡馬しか買わなかったんです。ダービー制覇に執念を燃やしたように、牡馬ばかりを気にかけていましたから。私の知る限り、父が外国から買ってきた1歳牝馬はこの馬が初めてです。そのくらい、特別に惹かれるものがあったのだと思います」

こちらは雑誌『Number』の掲載記事です。
Numberプレミアムクラブ会員になると続きをお読みいただけます。

残り: 2362文字

Numberプレミアムクラブ会員(月額330円[税込])は、この記事だけでなく
NumberWeb内のすべての有料記事をお読みいただけます。

関連記事

ユーバーレーベン
岡田繁幸
岡田紘和
ミルコ・デムーロ
ソダシ

競馬の前後の記事

ページトップ