Number on NumberBACK NUMBER

群雄割拠の女子テニス

posted2021/10/02 07:00

 
群雄割拠の女子テニス<Number Web> photograph by Getty Images

今年11月13日で19歳になるラドゥカヌ。ルーマニア人の父と中国人の母は金融業界で働いており、ラドゥカヌも数学と経済学を学んでいるという

text by

小川勝

小川勝Masaru Ogawa

PROFILE

photograph by

Getty Images

 テニスの全米オープンは、男子がダニール・メドベージェフ、女子がエマ・ラドゥカヌの優勝となった。男子はメドベージェフがノバク・ジョコビッチに勝って、大会2度目の決勝で初優勝を果たしたが、女子はラドゥカヌが大会初出場で初めての優勝を飾った。

 ラドゥカヌは18歳、グランドスラム大会は2大会目で、予選から勝ち上がっての出場だったが、1セットも落とすことなく優勝した。パワーのテニスではなく、リターンの精度によって、たびたび相手のサービスゲームをブレークした。ラリーでは、体勢を崩されても相手のコートに深くボールを打ち込んでポイントにつなげた。パワーの面でさらに伸びるとすれば、どういったプレーヤーになっていくか見ものだ。

こちらは雑誌『Number』の掲載記事です。
Numberプレミアムクラブ会員になると続きをお読みいただけます。

残り: 1736文字

Numberプレミアムクラブ会員(月額330円[税込])は、この記事だけでなく
NumberWeb内のすべての有料記事をお読みいただけます。

関連記事

エマ・ラドゥカヌ

テニスの前後の記事

ページトップ