Sports Graphic Number SpecialBACK NUMBER

[13年越しの連覇達成]上野由岐子「そしてソフトボールの象徴に」

posted2021/08/15 07:00

 
[13年越しの連覇達成]上野由岐子「そしてソフトボールの象徴に」<Number Web> photograph by Naoya Sanuki/JMPA

text by

鈴木忠平

鈴木忠平Tadahira Suzuki

PROFILE

photograph by

Naoya Sanuki/JMPA

2008年北京五輪と同じく、決勝の相手はアメリカ。マウンドに立つのは背番号17の絶対的エース。あらゆることが13年前と酷似していたが、ひとつだけ決定的に違うことがあった――。

 決勝戦の最終イニングが始まろうとしていた。宇津木麗華は隣にいるコーチと言葉をかわすと、小さく頷いてから球審のもとへ向かった。6回裏に降板させた先発の上野由岐子を再びマウンドに送るためだった。

「勝つために最後は上野の精神力で締めにいく。それは上野しかできないことですし、彼女のことは18歳のときから見てきて、自分が一番よく知っているから」

 上野もまた告げられるまでもなく立ち上がり、マウンドに向かった。

「これが自分の背負っているものだと考えていました。このマウンドに立つために13年間いろいろな思いをしてきたので」

 相手はアメリカ。2点リードの最終回に上野がマウンドに立った。あらゆることが13年前の北京オリンピックの夜と酷似していたが、ひとつだけ決定的に違うことがあった。それはチームにおける上野という投手の在り方だった。

 北京のマウンドに立った当時の上野は自らの胸に多くの願いを抱えていた。

「世界で一番速い球を投げたい」

「世界最強のアメリカを倒したい」

「金メダルを獲りたい」

 そして準決勝から3位決定戦、決勝の3試合をひとりで投げ抜いた。2日間に投じた413球で幼いころからの夢を叶えた。

 それに対して2021年の上野には個人的な渇望が見当たらなかった。いや確かに抱えているものはあるのだが、それは他者の願望であるように見えた。

こちらは雑誌『Number』の掲載記事です。
Numberプレミアムクラブ会員になると続きをお読みいただけます。

残り: 2955文字

Numberプレミアムクラブ会員(月額330円[税込])は、この記事だけでなく
NumberWeb内のすべての有料記事をお読みいただけます。

東京五輪激闘録。

Sports Graphic Number 1033・1034

東京五輪激闘録。

 

関連記事

上野由岐子
宇津木麗華
東京五輪
オリンピック・パラリンピック

他競技の前後の記事

ページトップ