SCORE CARDBACK NUMBER

那須川天心と同門の“熱い風”。RISE-53kg級に波乱呼ぶ風音。

posted2021/08/06 07:00

 
那須川天心と同門の“熱い風”。RISE-53kg級に波乱呼ぶ風音。<Number Web> photograph by Susumu Nagao

不利の下馬評をはねのけて2-1の判定で江幡睦(右)を破った風音。勝利の瞬間には雄叫びを上げてこの表情

text by

布施鋼治

布施鋼治Koji Fuse

PROFILE

photograph by

Susumu Nagao

 本命の大苦戦もあれば、番狂わせもあり。7月18日、大阪で開幕した『RISE DEAD OR ALIVE -53kgトーナメント2021』は見どころ満載だった。

 優勝候補の志朗は“最後のまだ見ぬ強豪”滉大と高度な技術戦を展開。延長戦でダウンを奪って辛勝した。現在RISEの同級王者である大崎一貴は、過去に1敗2分けの石井一成からダウンを奪った末に判定勝ち。軽量級ならではの技術とスピードだけではなく、倒せるところに彼らの強さと魅力はある。

 最大の番狂わせは風音(かざね)が江幡睦を下した一戦だろう。戦前は「江幡が圧倒的に有利」と予想されていた。無理もない。江幡は双子の弟・塁とともにキック界の最強ツインズとして知られ、昨年9月にはRIZINでも白星をあげている。果たして一回戦の組み合わせが決まるや、巷では「後半ブロックでは江幡が決勝に進出する」という声が大きかった。

こちらは雑誌『Number』の掲載記事です。
Numberプレミアムクラブ会員になると続きをお読みいただけます。

残り: 535文字

Numberプレミアムクラブ会員(月額330円[税込])は、この記事だけでなく
NumberWeb内のすべての有料記事をお読みいただけます。

HEAT UP! TOKYO2020東京五輪 金メダル速報&後半戦プレビュー

関連記事

風音
江幡睦
那須川天心

格闘技の前後の記事

ページトップ