SCORE CARDBACK NUMBER

石川柊太「ちょっとしんどいんです」 ソフトバンクの29歳が苦しみ悩む“求められるものと生き方とのギャップ”とは

posted2021/07/12 11:01

 
石川柊太「ちょっとしんどいんです」 ソフトバンクの29歳が苦しみ悩む“求められるものと生き方とのギャップ”とは<Number Web> photograph by KYODO

自身初の開幕投手を務めた石川だったが、打線の援護にも恵まれず負けが先行。リリーフにまわって調整している。

text by

石田雄太

石田雄太Yuta Ishida

PROFILE

photograph by

KYODO

 交流戦での最後の登板となった6月11日のスワローズ戦。8回を1点に抑えながら負けがついた石川柊太は、イニング間のキャッチボールで、あることを思いついた。

「今年は去年の感覚をうまく出せなくて、いつしか腕が上がっていました。それでもまっすぐは低めに投げられるし、スライダーもよかった。ただ、フォークがよくなくて、ホームランも打たれていました。だったら去年みたいに腕を下げてみようかなって、ポッと浮かんできたんです」

 昨年は低めに行かなくてもバッターがまっすぐを打ち損じていたし、ホームランも少なかった。イメージはマックス・シャーザー(ナショナルズ)やチャーリー・モートン(ブレーブス)だ。もう一度、あの感じで投げてみようと試したら、いい感覚が蘇ってきたのだという。

「どうせならメチャクチャやってみようと一気に変えたんです。そうしたら悩んでいたところがうまくいって……ただ、遊び心じゃないんですよ。そんな余裕はなくて、何をしてでも抑えなきゃって、必死でした」

「求められるものと僕の生き方とのギャップが」

 昨年、最多勝を獲得した石川は今年、開幕投手、金曜のカード頭、交流戦明けと、まさにローテーションのど真ん中を託された。そして先発としてのQS、防御率、WHIPなど内容を表す指標はどれも抜群ながら、勝ち星だけが思うように増えない。それが石川を苦しめる。

「そもそもいいピッチングって何なんですかね。勝ち負けには運もあるし、同じ球でもホームランになったり凡打になったりする。だから気持ちのハードルを上げないよう、自分らしく気負わずやっていこうと……それでも今年は結果で見せなきゃいけない立場なんで、求められるものと僕の生き方とのギャップがすごくて(笑)、ちょっとしんどいんです」

 柊太の“柊”はひいらぎと読む。冬に花を咲かせる柊の花言葉は「用心深さ」――すさまじく速いテンポで大胆に投げる石川には、用心深さよりも大らかなイメージがあった。しかし石川はこう言った。

「柊は冬も葉っぱをつける木だから寒さにも勝てるって話は聞いたことがあります。確かに僕には繊細なところがあるから、テンポよく投げないと苦しいんですよね。あまり考え過ぎないようにポンポン投げちゃえって感じはあるのかもしれません(笑)」

大特集!「走る」。――日本最高のランナーは誰だ?

「Amazon」で購入

Sports Graphic Number 1030

大特集!「走る」。
――日本最高のランナーは誰だ?

日本最高のランナーは誰だ !

【日本選手権ドキュメント】 100mに懸けた男たち
多田修平/山縣亮太/桐生祥秀/小池祐貴/サニブラウン

【独占密着】 大迫傑「アリゾナから決戦へ」

【五輪女王の秘密】 高橋尚子/野口みずき

【マラソン最強対談】 瀬古利彦×谷口浩美

【最速王座談会】 伊東浩司×朝原宣治×為末大

【徹底分析】 ウサイン・ボルト「人類最速を科学する」

定価:本体640円(税込)目次ページへ

関連記事

福岡ソフトバンクホークス
石川柊太

プロ野球の前後の記事

ページトップ