スポーツ名言セレクションBACK NUMBER

松坂大輔がいたからこそ「松坂世代」は輝いた… 藤川球児「自分も苦しい。でも、松坂の苦しさは他の人とは全く違う」 

text by

NumberWeb編集部

NumberWeb編集部Sports Graphic Number Web

PROFILE

photograph byHideki Sugiyama

posted2021/07/07 11:36

松坂大輔がいたからこそ「松坂世代」は輝いた… 藤川球児「自分も苦しい。でも、松坂の苦しさは他の人とは全く違う」<Number Web> photograph by Hideki Sugiyama

横浜高校時代の松坂大輔

 それでも藤川は、やがて代名詞ともなる「火の玉ストレート」を磨き上げ、阪神リリーフ陣の柱として長年活躍。日米通算245セーブ、164ホールドという偉大な成績を積み上げた。

「時代の流れに抗う、戦う。体が苦しくても諦めない」

 松坂世代のトップランナーの1人としてのプライドが、藤川を支えていた。

松坂がいたからこそ、僕もここまで……

<名言3>
松坂がいたから僕もここまで来れたのかな、とは思いますね。
(杉内俊哉/Number577号 2003年5月29日発売)

◇解説◇
 高校時代から幾度となく戦ってきた同世代のライバル・松坂大輔を、杉内はこう表現した。甲子園で投げ合った2人は、2000年代にそれぞれソフトバンク(ダイエー)と西武のエースとしてもしのぎを削り、WBCの舞台では共闘した。岩隈久志、ダルビッシュ有、田中将大、大谷翔平らに続く“パ・リーグの大エース”の系譜を担っていたのだ。

 そんな松坂と杉内は、30代に入るとケガに苦しんだ。2015年、日本球界に復帰した松坂はけっきょく一度も登板できずにシーズンを終え、巨人の杉内もまたほとんど仕事ができず、オフの契約更改では4億円もの減給を受け入れた。それでも「松坂世代」のふたりは、ふたたび輝きを取り戻そうと必死に野球と向き合っていた。

【次ページ】 夏の甲子園であきらめないことを教えてもらった

BACK 1 2 3 NEXT
松坂大輔
イチロー
埼玉西武ライオンズ
オリックス・バファローズ
ボストン・レッドソックス
シアトル・マリナーズ

プロ野球の前後の記事

ページトップ