オリンピックへの道BACK NUMBER

100mハードル代表“ママさんハードラー“寺田明日香が、11年ぶり日本選手権優勝にも「とても複雑な心境」だったワケ 

text by

松原孝臣

松原孝臣Takaomi Matsubara

PROFILE

photograph byAFLO

posted2021/07/04 06:00

100mハードル代表“ママさんハードラー“寺田明日香が、11年ぶり日本選手権優勝にも「とても複雑な心境」だったワケ<Number Web> photograph by AFLO

6月26日の日本選手権100mハードル決勝で優勝した寺田。11年ぶりの勝利だったが、その表情は”満面の笑み”ではなかった

 31歳となった今年、寺田はさらに加速する。4月の織田記念で12秒96と日本記録を更新すると、6月の木南道孝記念で12秒87と記録更新を続けたのである。

 伸び盛りにあった10代後半から20代前半の第一期を凌駕するタイムを復帰後に残してきた。陸上から長く離れたあとであるという経歴も含め、その足跡は強いインパクトを放っている。

 容易になぞることができない人生を歩んできた。そしてアスリートとして競技人生で最高といえるパフォーマンスに到達している。

 その軌跡を描けた要因はどこにあるのか。

 1つは、そのときどきに全力を尽くし、割り切れたことだ。

 2013年の引退は、はたから見れば惜しまれるものだったが、当時の状況からすれば、寺田本人にとっては必然だったろう。そこでためらわずに決めた。

 やりたいと思ったラグビーも無理に長引かせ、拘泥することがなかった。中途半端に取り組まなかったからこそ、潔く再転向を決断できた。

周囲の力を得ての躍進

 もう1つの要因は自分自身の考えだけに頼るのではなく、思いを共有する仲間も巻き込んできたことだ。

 陸上に復帰後、寺田はコーチやトレーナーなどスタッフを集め、チームを作った。自分の考えをしっかり伝え、自分が必要とする人物を頼った。最初の引退前に所属していた元の場所に戻り、あらためて指導を受ける方法もあった。それを選ばず新たな場所でリスタートしたのは、それまでの競技経験を経て寺田自身が確固とした個を築き、視野も広く持てるようになっていたからだ。

 復帰してから指導するコーチの高野大樹氏は、寺田についてこう語っている。

「話し合いながら練習をやっていますし、きちんと考え、それを伝えられる選手です」

 一方の寺田は、日本選手権でこう語っている。

「今は人の力があると思います。自分だけの力じゃなくて、いろんな方々の力を借りてできています」

 自分の足で立つからこそ得られた周囲の力とともに、今の寺田はある。そして、家族の力もまた、非常に心強い支えとなったはずだ。

 7月1日、世界ランキングが更新され、寺田は30位に。代表入りも決まった。

 初の大舞台へ、寺田はさらに加速する。

この記事の全文は「Number PREMIER」でお読みいただけます。
《バスケ日本代表》ベネズエラ戦、7分18秒の真実…「信じていますか?」トム・ホーバスに問われ続けた比江島慎と川真田紘也
《バスケ日本代表》ベネズエラ戦、7分18秒の真実…「信じていますか?」トム・ホーバスに問われ続けた比江島慎と川真田紘也
甦る死闘。 True Stories of 2023. - Number1086号 <表紙> 大谷翔平

Sports Graphic Number 1086
甦る死闘。
True Stories of 2023.

2023年12月7日発売
800円(税込)

Amazonで購入する

関連記事

BACK 1 2
寺田明日香
東京五輪
オリンピック・パラリンピック

陸上の前後の記事

ページトップ