Beyond The GameBACK NUMBER

親愛か癒着か。スポーツ記者今昔。~大関と私的に酒席を同じくするということ~

posted2021/07/02 07:00

 
親愛か癒着か。スポーツ記者今昔。~大関と私的に酒席を同じくするということ~<Number Web> photograph by KYODO

5月場所では7勝4敗から途中休場。6場所出場停止及び6カ月の報酬減額50%という厳罰を下された朝乃山(右)

text by

藤島大

藤島大Dai Fujishima

PROFILE

photograph by

KYODO

 食い込む。食い込んだ。ずっとスポーツ記者の勲章とされてきた。

 取材対象の懐にもぐり、なんとか頭をつけ、まわしをつかんで、気軽に言葉を交わす関係となり、こんどは自分の懐にニュースを引き入れる。たとえば現役の大関と私的に酒席を同じくできたら腕は確かだ。

 6月12日。静岡の愛野駅からラグビー取材のスタジアムまで歩く途中、同業者が言った。

「けさのスポニチ、読んだ? あの記者、解雇だって。紙面に載ってた」。あら、そうなのか。

 以下、同社のお知らせ。

「緊急事態宣言下において大関・朝乃山関と深夜に会食していた件で東京本社編集局元記者(44)=同日付で東京本社付=を諭旨解雇処分としました」

こちらは雑誌『Number』の掲載記事です。
Numberプレミアムクラブ会員になると続きをお読みいただけます。

残り: 958文字

Numberプレミアムクラブ会員(月額330円[税込])は、この記事だけでなく
NumberWeb内のすべての有料記事をお読みいただけます。

大特集!「走る」。――日本最高のランナーは誰だ?

関連記事

朝乃山

相撲の前後の記事

ページトップ