SCORE CARDBACK NUMBER

「相撲列車」「稽古土俵」もナシ。地方開催“ドタバタ劇”を教訓に。

posted2021/06/29 08:00

 
「相撲列車」「稽古土俵」もナシ。地方開催“ドタバタ劇”を教訓に。<Number Web> photograph by KYODO

今のような新幹線移動は'88年大阪場所から

text by

佐藤祥子

佐藤祥子Shoko Sato

PROFILE

photograph by

KYODO

 大関・貴景勝が「ずっと国技館だったし、地方でやれるのは一歩進んだ気がして、少し嬉しい気持ちはある」と思いを言葉にした。

 7月4日から愛知県体育館で行われる名古屋場所。昨年3月の大阪場所以来、1年4カ月ぶりに地方場所が開催されることとなったのだ。

 新型コロナ問題がなかなか収束しない中、力士をはじめ1000人近い相撲協会員の大移動を余儀なくされる。昨年の名古屋や九州、今年の大阪場所は移動のリスクを避けて東京の両国国技館で開催されたが、このたび国技館が東京五輪のボクシング会場となるゆえ、明け渡さなければならなくなったのだ。

こちらは雑誌『Number』の掲載記事です。
Numberプレミアムクラブ会員になると続きをお読みいただけます。

残り: 639文字

Numberプレミアムクラブ会員(月額330円[税込])は、この記事だけでなく
NumberWeb内のすべての有料記事をお読みいただけます。

関連記事

相撲の前後の記事

ページトップ