Beyond The GameBACK NUMBER

東京五輪で楽しむ野球人生の晩年。~引退宣言をしていないベテランたち~

posted2021/06/21 07:00

 
東京五輪で楽しむ野球人生の晩年。~引退宣言をしていないベテランたち~<Number Web> photograph by KYODO

米大陸予選で1位となり、五輪出場を決めたアメリカ代表。2000年シドニー大会以来の金を狙う

text by

鷲田康

鷲田康Yasushi Washida

PROFILE

photograph by

KYODO

 デレク・ジーターらとともに1990年代から2000年代のヤンキース黄金時代を支えたバーニー・ウイリアムスが野球の表舞台から姿を消したのは、2006年オフだった。ヤンキースとの契約が切れ、所属先がないが引退を宣言することもなく、宙ぶらりんのままに「背番号51」をグラウンドで見ることはできなくなった。

 その後はプロミュージシャンとして活動をしていたが、そのバーニーが周囲をあっと驚かせたのが2009年だ。第2回ワールド・ベースボール・クラシックで、何と母国・プエルトリコ代表として“現役復帰”したのだった。

こちらは雑誌『Number』の掲載記事です。
Numberプレミアムクラブ会員になると続きをお読みいただけます。

残り: 1065文字

Numberプレミアムクラブ会員(月額330円[税込])は、この記事だけでなく
NumberWeb内のすべての有料記事をお読みいただけます。

<特集 阪神タイガース>猛虎新風伝Tigers1985-2021

関連記事

バーニー・ウイリアムス
東京五輪
オリンピック・パラリンピック

MLBの前後の記事

ページトップ