Number on NumberBACK NUMBER

技巧派女子ゴルフ新世代 ~23歳以下の賞金女王争い~

posted2021/05/22 07:00

 
技巧派女子ゴルフ新世代 ~23歳以下の賞金女王争い~<Number Web> photograph by Getty Images

2017年のプロ転向後、出場権のある試合の皆勤を続けている小祝さくら。安定感と継続性も強みだ

text by

小川勝

小川勝Masaru Ogawa

PROFILE

photograph by

Getty Images

 女子のゴルフは黄金世代の活躍が話題だったが、2020年から'21年にかけての日本ツアーでは、黄金世代よりさらに1年から2年下の世代が勝ち始めた。黄金世代は'17年に高校を卒業した世代だが、最近はほとんど黄金世代と、さらに下の世代のゴルファーばかりが優勝していて、賞金ランキングでは、年齢で言うと23歳以下のゴルファーたちが、賞金女王を争う形となっているのだ。

 新型コロナウイルス感染症の影響によって、'20年の女子の日本ツアーは14戦しか開催できなかった。賞金女王を決めるには14戦では十分とは言えないため、年間タイトルは'20年だけでは決めずに、'20年から'21年という2年間の通算で決めることになった。'20年の開幕から'21年5月10日までの24戦を見ると、黄金世代である23歳の年代、およびさらに年下のゴルファーによる優勝が18回を占めている。

こちらは雑誌『Number』の掲載記事です。
Numberプレミアムクラブ会員になると続きをお読みいただけます。

残り: 1653文字

Numberプレミアムクラブ会員(月額330円[税込])は、この記事だけでなく
NumberWeb内のすべての有料記事をお読みいただけます。

ウマい騎手ってなんだ?~日本ダービー直前競馬総力特集~
小祝さくら
稲見萌寧
古江彩佳
笹生優花
原英莉花

女子ゴルフの前後の記事

ページトップ