野球クロスロードBACK NUMBER

「甲子園772球の剛腕」安樂智大が平均143キロ“技巧派”に変身…「それ、わかるなぁ」松坂大輔の助言が24歳を救った

posted2021/05/18 17:01

 
「甲子園772球の剛腕」安樂智大が平均143キロ“技巧派”に変身…「それ、わかるなぁ」松坂大輔の助言が24歳を救った<Number Web> photograph by KYODO

4月3日のオリックス戦5回から登板し、今季初勝利を挙げた楽天・安樂智大

text by

田口元義

田口元義Genki Taguchi

PROFILE

photograph by

KYODO

 勝ち負けを問わずマウンドに上がり、ロングリリーフもこなす。

 今季はこれまで10試合に登板し1勝、防御率は2.03(成績は5月16日現在)と、昨年から中継ぎを主戦場とする楽天の安樂智大は、安定したマウンドで救援陣の一翼を担う。

 釜田佳直や松井裕樹ら先輩ピッチャーも認める、コントロールの精度の高さ。スライダー、カーブ、チェンジアップを厳しいコースへ投げ込めることが、安樂の武器である。

高校最速157キロ→いまは平均143キロ

 今でこそ技巧派のようなタイプとなっているが、安樂はもともと本格派だ。

 キャリアにおける自己最速は、高校時代にマークした157キロ。楽天の公式アプリ『At Eagles』で紹介されているデータによると、今季の安樂の平均球速は143キロ。そこから窺えるように、剛速球の印象は薄い。

 ピッチングスタイルが変わっていったと、本人の口から聞いたのは2019年のことだ。この時、安樂は「今」を肯定しつつ、それが完成形ではないと念を押すかのように言っていたものである。

「160キロを投げられるからって10勝できるかといったら、そうじゃないじゃないですか。自分の立場だったり、勝つため、チームに貢献できるためにどうしたらいいかと考えて、今のピッチングになっているだけで」

 剛速球とは、決別するのではなく封印する。安樂の再スタートは、持ち味で勝負しないことを受け入れるところから始まったといえる。

5試合772球 右ひじ痛で「投げすぎでは?」

 力強くてタフな剛腕――。そんなイメージが定着したのが高校時代だ。

 済美(愛媛)の2年生エースとして13年のセンバツに出場し、初戦で152キロを叩き出す鮮烈の甲子園デビューを飾った。それ以上に話題となったのが、球数の多さだった。この試合で13回232球。決勝までの5試合で772球も投じたことが、アメリカのメディアに取り上げられ話題にもなった。安樂は準優勝の立役者になると同時に、登板過多や球数……高校野球が抱える問題を周囲に再認識させた。

【次ページ】 5試合772球 右ひじ痛で「投げすぎでは?」

1 2 3 NEXT
安樂智大
東北楽天ゴールデンイーグルス
松坂大輔
済美高校
西武ライオンズ
横浜高校

プロ野球の前後の記事

ページトップ