Sports Graphic Number SpecialBACK NUMBER

内田篤人と岡崎慎司が語り合う「やっぱりハセさん!」~ぶっちゃけ後輩対談~

posted2021/05/11 07:00

 
内田篤人と岡崎慎司が語り合う「やっぱりハセさん!」~ぶっちゃけ後輩対談~<Number Web> photograph by Daisuke Nakashima / Takuya Sugiyama

text by

寺野典子

寺野典子Noriko Terano

PROFILE

photograph by

Daisuke Nakashima / Takuya Sugiyama

キャプテンとして日本代表を3度に渡って率い、ブンデスでは日本人選手の先達となってきた長谷部。代表とドイツ、公と私の両方をよく知る2人が、“整った男”の素顔について、話に花を咲かせた。

 すでに日本では時計の針が0時を回ろうとしている深夜。その日の練習を終え、スペイン・サラゴサの自宅へ戻ったばかりの岡崎慎司と、東京でテレビ出演を終えた直後の内田篤人が久しぶりに顔を合わせる。

 2008年に岡田武史監督が率いる日本代表の一員となって以降、長谷部誠キャプテンとともに世界を舞台に戦ってきた。

 内田は2010年に、岡崎は2011年に長谷部のあとを追うようにドイツへ渡り、およそ5シーズンを共にブンデスリーガでしのぎを削りあった同志でもある。

 そんな岡崎と内田にとって、長谷部誠はどういう存在なのか? 後輩たちの長谷部談義が始まる。

――長谷部誠という人を最初に意識したのはいつでしたか?

内田 俺は岡田ジャパンのとき、長谷部さんが俺の隣でアップしていたのが第一印象。でも長谷部さんは、Jリーグでの初対戦(2006年5月)で、俺が長谷部さんの手を払ったというのを覚えているみたいだけど、全然覚えてなくて。1年目で必死だったし、正直、気にしている場合じゃなかったから。

岡崎 僕もハセさんを身近に感じたのは、僕がドイツへ行って同じ環境になってから。それ以前は、記憶から消えてる。ワールドカップの南アフリカ大会でキャプテンだったけど、ハセさんの印象がないですね。

こちらは雑誌『Number』の掲載記事です。
Numberプレミアムクラブ会員になると続きをお読みいただけます。

残り: 5589文字

Numberプレミアムクラブ会員(月額330円[税込])は、この記事だけでなく
NumberWeb内のすべての有料記事をお読みいただけます。

長谷部誠は知っている~欧州で輝き続ける37歳のサバイバル術~
長谷部誠
内田篤人
岡崎慎司
川島永嗣
吉田麻也

サッカー日本代表の前後の記事

ページトップ