SCORE CARDBACK NUMBER

元同僚対決は有原が大谷に勝利。仲良し2人が抱いた対照的な感覚。~「当たり的には今季の中でも良かったです」~

posted2021/05/09 07:00

 
元同僚対決は有原が大谷に勝利。仲良し2人が抱いた対照的な感覚。~「当たり的には今季の中でも良かったです」~<Number Web> photograph by KYODO

4回、大谷は有原(右)のチェンジアップをとらえ、大飛球を放つもアウトに。初対決は2打数ノーヒットに終わる

text by

四竈衛

四竈衛Mamoru Shikama

PROFILE

photograph by

KYODO

 互いに意識していたからこそ、試合後の反応も異なっていた。日本ハム時代の同僚だったエンゼルス大谷翔平とレンジャーズ有原航平の初対決が4月19日、実現した。結果は、一ゴロ併殺と中飛。結果だけを見れば、6回途中まで無失点、メジャー2勝目を挙げた有原に軍配が上がった。だが、対戦後の2人の感覚は、結果とは対照的だった。

 勝負に勝った有原は、2打席、全8球の対決を真顔で謙虚に回想した。

「スイングも速いですし、雰囲気もある。結果としてアウトに取れたのは良かったと思っています」

 一方の大谷は、かすかに笑みを浮かべつつ、有原との初勝負を素直な言い回しで振り返った。フェンス際で好捕された第2打席の中飛は、インパクト直後、バットを放り出すほど好感触のひと振りだった。

こちらは雑誌『Number』の掲載記事です。
ウェブ有料会員になると続きをお読みいただけます。

残り: 569文字

ウェブ有料会員(月額330円[税込])は、この記事だけでなく
NumberWeb内のすべての有料記事をお読みいただけます。

長谷部誠は知っている~欧州で輝き続ける37歳のサバイバル術~

関連記事

北海道日本ハムファイターズ
ロサンゼルス・エンゼルス
大谷翔平
テキサス・レンジャーズ
有原航平

MLBの前後の記事

ページトップ