SCORE CARDBACK NUMBER

東福岡vs桐蔭学園の名勝負、選抜はピチピチのヒガシに軍配。~高校ラグビーの万物流転~

posted2021/04/25 07:00

 
東福岡vs桐蔭学園の名勝負、選抜はピチピチのヒガシに軍配。~高校ラグビーの万物流転~<Number Web> photograph by Nobuhiko Otomo

大会は無観客で行われたが芝の上は熱かった。桐蔭のタックルを受けながら前進を図るのは東福岡LO大西一平

text by

大友信彦

大友信彦Nobuhiko Otomo

PROFILE

photograph by

Nobuhiko Otomo

「桐蔭さんは……目標です。どうやったら勝てるのか、この4年間ずっと考えてきました」

 3月31日に行われた全国高校選抜ラグビー決勝、大会4連覇を目指した桐蔭学園を46-31で破り、5年ぶりの優勝を飾った東福岡・藤田雄一郎監督は言った。準決勝で戦った東海大仰星とは、花園の準々決勝で後半48分まで死闘を演じた仲で「身内みたいな感覚なんです」と苦笑したあと口にした言葉だった。

“ヒガシvsトーイン”といえば、布巻峻介と松島幸太朗がいた'10年度の花園決勝、31-31の死闘ドロー両校優勝が名高い。だがその後、翌年度の花園は準々決勝で、'14年度と'16年度は春の決勝で戦い、すべて東福岡が勝利。なかなか勝てず、苦汁をなめていたのは桐蔭学園の方だった。

こちらは雑誌『Number』の掲載記事です。
Numberプレミアムクラブ会員になると続きをお読みいただけます。

残り: 615文字

Numberプレミアムクラブ会員(月額330円[税込])は、この記事だけでなく
NumberWeb内のすべての有料記事をお読みいただけます。

オリンピックの話をしよう。アスリート50人が語る東京五輪

関連記事

東福岡高校
桐蔭学園高校

ラグビーの前後の記事

ページトップ