箱根駅伝PRESSBACK NUMBER

実業団若手選手の「移籍」が急増しているのはなぜか? 独禁法違反の恐れを指摘されて水面下では… 

text by

佐藤俊

佐藤俊Shun Sato

PROFILE

photograph byJIJI PRESS

posted2021/04/14 17:02

実業団若手選手の「移籍」が急増しているのはなぜか? 独禁法違反の恐れを指摘されて水面下では…<Number Web> photograph by JIJI PRESS

全日本実業団駅伝で走る選手たち

中小の実業団が窮地に立たされる可能性も

 今の選手は愛社精神よりも陸上環境を優先し、陸上をやめたら社に残るという選手は以前ほど多くはない。自己実現の欲求が高く、シューズを替えるように他のチームに移籍することに胸を膨らませる。とりわけ中小の実業団チームで力をつけた選手は、より給与面や練習環境の良い上のチームへの移籍を目指していく。ただ、それが度を越して進むと実業団の実力格差が顕著になり、さらに今後クラブチームが参入してくると陸上の裾野が広がる以前に、中小の実業団が窮地に立たされる可能性が高くなる。

「移籍が活発化していくと、金銭的な体力があるところだけが有利になる。うちも選手が出ていっていますが、伸びてきた選手が一人抜ける影響は非常に大きいです。アスリートファーストで移籍を認めるのはいいですが、実業団の未来も考えていかないと。僕はこのままだと実業団はどんどん衰退していってしまうと思います」

 ある実業団の監督は、実業団の発展のために選手の移籍を容認したことが、実は中小の実業団の首を絞めかねない状況に進んでいることを危惧している。

結果を求められる「移籍組」に注目

 選手が自分の可能性を追求するために移籍を選択するのは理解できるが、その移籍が本当にベストなのか、必要なことなのか。移籍の手を挙げる前に考えるべきだろう。目前にぶらさがった人参を我慢するのは難しいかもしれないが、自分の足元を見ずに移籍しても成功するのは簡単ではない。なぜなら移籍した選手は、以前にいたチームよりも注目され、結果を求められるからだ。

 覚悟を持って移籍した彼らが新たなチームでどんな走りを見せるのか。

 今年は、新卒の選手以上に移籍した選手の走りに注目していきたい。

関連記事

BACK 1 2 3
旭化成
GMOインターネットグループ
トヨタ
九電工
コニカミノルタ
SGH
日清食品グループ
DeNA横浜
NTT西日本

陸上の前後の記事

ページトップ