濃度・オブ・ザ・リングBACK NUMBER

女優でレスラー・なつぽいが“白いベルト”中野たむ戦で見せた「呪い」の感情 泣き顔で連続ビンタ、水かけ、顔面蹴り... 

text by

橋本宗洋

橋本宗洋Norihiro Hashimoto

PROFILE

photograph byMasashi Hara

posted2021/04/08 11:00

女優でレスラー・なつぽいが“白いベルト”中野たむ戦で見せた「呪い」の感情 泣き顔で連続ビンタ、水かけ、顔面蹴り...<Number Web> photograph by Masashi Hara

なつぽい(右)はかつてタッグを組んだこともある中野たむへの複雑な思いを抱えながら試合に挑んだ

ヒザのサポーターに描かれていたイカリのマーク

 その“ハイスピード”でまた追い越しに来てほしい。たむからのエールに、なつぽいは握手やハグではなくベルトに触ることで応えた。たむに勝つことは、さらに大きな目標となった。白いベルトを巻くという夢は、以前から変わらず大きい。

「たむにも白いベルトにも挑戦し続けます。これが終わりじゃなく始まりだと思って。大好きな人にちなんで、絶対あきらめない精神でスターダムを駆け上がっていきます」

 そう言って、取材陣にヒザのサポーターを見せる。描かれていたのはイカリのマーク。この日、なつぽいが着ていたのはカイリ・セイン(WWE)から譲り受けたコスチュームだった。

白いベルトがほしいもう1つの理由

 彼女が新人だった頃、アクトレスガールズはスターダムと提携関係にあった。憧れたのは、後にWWEでも人気を博す宝城カイリ。右も左も分からないなつぽいの指針だった。タッグを組んだり、指導を受けたこともある。調印式では「長くなるから」とあえて語らなかった白いベルトがほしい理由の1つ。それがカイリの存在だった。

「プロレスを始めて、最初はベルトの意味もよく分かってなかったんです。なんでみんなベルトがほしいんだろうって。そんな時に初めてほしいと思ったのが白いベルトでした。私にとって白いベルトはカイリさんのベルト。カイリさんは何回も挑戦したんだけど勝てなくて、それでもあきらめなかった。その姿に心を打たれたし、カイリさんがベルトを巻いた瞬間にプロレスをやる意味、ベルトの意味を感じたんです。カイリさんにはいつも心を動かされます。私もあんな選手になりたい。カイリさんからもらったものを、私も人に与えられるようになりたい。だから白いベルトがほしいんです」

 カイリが渡米する際、スターダムで着用していたコスチュームの1つをもらった。「なんで私なんかに」と思ったが、ここ一番という試合で大事に使ってきた。今回はまた別のコスチューム。カイリがWWEで使ったものだ。なつぽいにとっては初披露。白いベルト初挑戦ほど、それにふさわしい舞台はない。

 試合後、カイリはツイッターでなつぽいにメッセージを送っている。白いベルトは「諦めない気持ち」の結晶だとカイリは記した。

 カイリもたむもそうしてきたように、なつぽいもまたあきらめずに白いベルトに挑む。そしていつかその腰に巻いた時、ベルトには“呪い”とは違うなつぽいならではの意味が生まれているだろう。

記事内で紹介できなかった写真が多数ございます。こちらよりぜひご覧ください。

関連記事

BACK 1 2 3 4 5
なつぽい
中野たむ
スターダム
アクトレスガールズ
宝城カイリ
WWE

プロレスの前後の記事

ページトップ