Sports Graphic Number SpecialBACK NUMBER

坂本勇人「野球人に認められたいんです」~主将かく語りき~

posted2021/04/05 07:00

 
坂本勇人「野球人に認められたいんです」~主将かく語りき~<Number Web> photograph by Hideki Sugiyama

text by

高川武将

高川武将Takeyuki Takagawa

PROFILE

photograph by

Hideki Sugiyama

2000本の節目を越えてなお、常勝軍団を牽引する彼は、以前はなかった「危機感」を持っているという。不動のキャプテンが時に笑顔を交えながら話した、折り返し地点を迎えつつある32歳の現在地。

 パソコンの前に座った坂本勇人は、ぐっと顔を近づけてきた。オープン戦の合間をぬってのオンライン取材。モニター画面だからだろうか、大写しになった顔は、以前よりやや丸みを帯びて見えた。

 15年目の開幕を迎えた。昨年、31歳10カ月という史上2番目の若さで2000本安打を達成。元々数字的な目標を持たない男だが、一つの区切りにはなったはずだ。

――心境の変化は?

「ここ何年かずっと変わらないですね。今年はどんな成績になるんだろうという不安と期待がある。個人的な目標は、今でも本当にないんですよ。具体的な数字はないんですけど……」

 彼は淡々とそう言った。だが、問わず語りに続けた話は意外なものだった。

「でも、チームの選手はもちろん、他球団の選手にも、常に認められたい。あいつ、やっぱりいい選手だなって、周りから認められるような成績を残したい……。それが一番のモチベーションですね。自主トレからずっと、トレーニングで追い込んでいるときも、それを思うと頑張れますね」

――仲間に認められたいということ?

「仲間というか、野球人の人たちに」

 野球人に認められたい――。それは一見、彼には似つかわしくないセリフに思えた。

 坂本に話を聞くのは2016年の開幕直前以来、5年ぶりのことだった。

こちらは雑誌『Number』の掲載記事です。
ウェブ有料会員になると続きをお読みいただけます。

残り: 3314文字

ウェブ有料会員(月額330円[税込])は、この記事だけでなく
NumberWeb内のすべての有料記事をお読みいただけます。

20年目の原巨人

Sports Graphic Number 1024

20年目の原巨人

 

坂本勇人
読売ジャイアンツ
原辰徳

プロ野球の前後の記事

ページトップ