新刊ドラフト会議BACK NUMBER

『モダンサッカーの教科書III ポジション進化論』平易な対話から浮かび上がる戦術論のポストモダン。 

text by

田邊雅之

田邊雅之Masayuki Tanabe

PROFILE

photograph bySports Graphic Number

posted2021/03/30 07:00

『モダンサッカーの教科書III ポジション進化論』平易な対話から浮かび上がる戦術論のポストモダン。<Number Web> photograph by Sports Graphic Number

『モダンサッカーの教科書III ポジション進化論』レナート・バルディ 片野道郎著 ソル・メディア 1600円+税

 サッカーの戦術は、神学論争や哲学によく例えられる。誰もがイデア(理想)を希求し、幾多の思考実験や激しい論争を繰り返しながら、結果的には弁証法の如き発展を遂げてきたからだ。

 近年のサッカー界では、既存の理論体系や用語法自体を解体して再定義する動きが顕著だが、これも哲学史の足跡に重なり合う。イタリア人サッカー指導者であるバルディと、日本人ジャーナリストの片野による本書は、同種のアプローチに則って、最先端の戦術と戦術論議を解き明かそうとする意欲作だ。

 まず両者は、選手の役割が流動化したと指摘。チーム作りのモチーフも「スペシャリストの時代(特定の戦術と選手を紐付ける方法)」から、「駒の時代(戦術の枠に選手を当てはめる発想)」、「タスクの時代(選手の役割に基づきシステムを決める手法)」に変遷してきたと喝破する。

こちらは雑誌『Number』の掲載記事です。
Numberプレミアムクラブ会員になると続きをお読みいただけます。

残り: 640文字

Numberプレミアムクラブ会員(月額330円[税込])は、この記事だけでなく
NumberWeb内のすべての有料記事をお読みいただけます。

エースを生きる~田中将大とパ・リーグ熱投伝説~

関連記事

海外サッカーの前後の記事

ページトップ