Sports Graphic Number SpecialBACK NUMBER

千賀滉大「変身を促したセの師の教え」~憧れの吉見一起が語る~

posted2021/03/22 07:00

 
千賀滉大「変身を促したセの師の教え」~憧れの吉見一起が語る~<Number Web> photograph by Nanae Suzuki

text by

田尻耕太郎

田尻耕太郎Kotaro Tajiri

PROFILE

photograph by

Nanae Suzuki

10年前、細身の体に3桁の番号を背負っていた育成選手は、年々、逞しさを増し、今やパを代表するエースに成長した。その飽くなき向上心の源とは何か。彼が尊敬してやまない元中日の“精密機械”が、八女での出会いから振り返る。

 昨年の11月6日、まだレギュラーシーズンの最中にもかかわらず、ソフトバンクのエース・千賀滉大がいたのは中日対ヤクルトが行われるナゴヤドームだった。

 その2日前には球史に残る偉業を成し遂げたばかりだった。ZOZOマリンスタジアムでのロッテ戦で史上151人目の通算1000奪三振を達成した。この節目に855回1/3で到達。これはあの“ドクターK”野茂英雄の871イニングを上回るパ・リーグ最速で、プロ野球歴代2位のスピード記録。田中将大の1042回やダルビッシュ有の1058回2/3、松坂大輔の1070回2/3をも遥かにしのぐ大記録だった。

 ペナントレース最終盤。試合日程は変則的だった。チームは翌日も千葉でナイターを戦い、6日朝に飛行機で福岡に戻るスケジュールだった。次戦は9日。そのため、この日は移動休みに設定されていた。

 千賀はチームに特別に許可をもらい、羽田空港ではなく東京駅に向かった。チームメイトの石川柊太を伴って、新幹線で名古屋に移動。どうしても駆けつけたかったのは、6日夜に行われた中日ドラゴンズ・吉見一起の引退試合だった。

「前日にいきなり『行きます』って連絡があったんです。じゃチケット渡すからと返したら、『ちゃんと用意しています』って」

こちらは雑誌『Number』の掲載記事です。
ウェブ有料会員になると続きをお読みいただけます。

残り: 3906文字

ウェブ有料会員(月額330円[税込])は、この記事だけでなく
NumberWeb内のすべての有料記事をお読みいただけます。

エースを生きる~田中将大とパ・リーグ熱投伝説~
千賀滉大
福岡ソフトバンクホークス
吉見一起

プロ野球の前後の記事

ページトップ