格闘技PRESSBACK NUMBER

「武道館はアイドル時代に諦めた夢」中野たむvsジュリアの“髪切りマッチ”だけじゃない、女子プロレスの“魅力”とは 

text by

原壮史

原壮史Masashi Hara

PROFILE

photograph byMasashi Hara

posted2021/03/13 17:01

「武道館はアイドル時代に諦めた夢」中野たむvsジュリアの“髪切りマッチ”だけじゃない、女子プロレスの“魅力”とは<Number Web> photograph by Masashi Hara

3月3日、スターダム初の武道館大会で敗れたジュリアは髪を失い、勝った中野たむのテーマ曲が武道館に流れた

プロレスにおける過去の歴史の重要性を

 過去、現在、未来を繋げる。それはこの大会のコンセプトでもあった。岩谷と世志琥だけでなく、ランブル戦には“女子プロレスの現在・過去・未来”というコピーがつけられ、朱里vs.小波はかつての師弟対決、林下詩美vs.上谷沙弥はこの先の10年を予感させる名勝負数え歌の1戦目だった。

 10周年、というタイミングでしかできないこと、そのタイミングだからこそ意味があること、それを次々と見せた大会だった。長年見てきたファンは過去の様々な場面を思い出しながらリングを眺め、新しい時代のファンはこの大会によって過去に触れ、プロレスにおける過去の歴史の重要性を認識することになった。

現在の戦いによって同じ未来を感じることができた

 しかしそれ以上に重要だったのは、過去を知っていても、知らなくても、どちらのファンも現在の目の前の戦いによって同じ未来を感じることができたところだ。単純に目の前で繰り広げられる戦いに目を奪われる、という、プロレスを好きになる原点の部分で観衆をまとめ上げてみせた。介入も不透明決着も一切なく、全ての試合が清々しく、激しかった。これでプロレスを好きにならない人はいない。

 プロレスの様々な魅力を改めて感じ、みんなで未来に向けて進む。

 だからこそ、スターダムとしては初、女子プロレスとしては24年ぶりの日本武道館大会は様々なものを新しい時代に繋げた素晴らしい大会になった。

 中野の曲にはこうある。

 “終わりのない 果てない未来 地図は未完成いつまでも 蒼く高く 仰ぐ過去も 拾い集めてゆこうね”

 スターダム、そして女子プロレスの未来は明るい。その多幸感に溢れている武道館で最後に流れる曲は、これしかなかった。

関連記事

BACK 1 2 3 4
スターダム
ジュリア
中野たむ
岩谷麻優
世志琥
林下詩美
上谷沙弥

プロレスの前後の記事

ページトップ