SCORE CARDBACK NUMBER

コロナ下での全豪オープンの成功と東京五輪組織委員会がやるべきこと。

posted2021/03/13 08:00

 
コロナ下での全豪オープンの成功と東京五輪組織委員会がやるべきこと。<Number Web> photograph by Hiromasa Mano

男子決勝でメドベージェフを圧倒したジョコビッチがV9。四大大会通算ではあと2勝でフェデラー、ナダルに並ぶ

text by

秋山英宏

秋山英宏Hidehiro Akiyama

PROFILE

photograph by

Hiromasa Mano

 全豪オープンが14日間の会期を終えた。新型コロナウイルスの感染拡大がほぼ収まったオーストラリアでの開催とあって、入国する選手、関係者には14日間の隔離が求められた。選手には1日5時間の外出、2時間の練習が認められたが、現地に向かうチャーター機の乗客から陽性者が出たため、同じ機に乗った選手は一段階強い隔離を強いられ、部屋から一歩も出られなくなった。また、開幕後に近郊のホテルで多数の感染者が出たため、メルボルンは再びロックダウンを実施、全豪も5日間、無観客で試合を行なった。それでも、無事に日程を消化、大会は新型コロナを抑え込んだ。

こちらは雑誌『Number』の掲載記事です。
ウェブ有料会員になると続きをお読みいただけます。

残り: 626文字

ウェブ有料会員(月額330円[税込])は、この記事だけでなく
NumberWeb内のすべての有料記事をお読みいただけます。

HONDA F1戦記1964~2021

Sports Graphic Number 1022

HONDA F1戦記
1964~2021

 

関連記事

東京五輪
オリンピック・パラリンピック

テニスの前後の記事

ページトップ