SCORE CARDBACK NUMBER

封じ込め成功の地へ1200人! 難事業、全豪オープンの行方。

posted2021/02/06 07:00

 
封じ込め成功の地へ1200人! 難事業、全豪オープンの行方。<Number Web> photograph by Getty Images

2週間の隔離生活を強いられる選手も大変だが、受け入れる側の責任は重く、仕事量は膨大。2月8日開幕予定だ

text by

秋山英宏

秋山英宏Hidehiro Akiyama

PROFILE

photograph by

Getty Images

 豪州・メルボルンで極めて困難な挑戦が続いている。新型コロナをほぼ完璧に封じ込めた豪州に、わざわざ世界中から人を集めて四大大会を開こうというのである。地元では大会を中止すべきとの声もある。昨年の全米と全仏は現地で感染拡大が続く中での開催だったが、難しさはそれ以上かもしれない。入国する選手、関係者は14日間の隔離が必須となった。渡航はチャーター機に限定、世界各地から15便を飛ばせた。現地入りする人の数を減らすため、予選は急きょ、他国で行なうことにした。それでも、1200人もの選手、関係者を受け入れ、隔離措置を施す大プロジェクトになった。

こちらは雑誌『Number』の掲載記事です。
Numberプレミアムクラブ会員になると続きをお読みいただけます。

残り: 649文字

Numberプレミアムクラブ会員(月額330円[税込])は、この記事だけでなく
NumberWeb内のすべての有料記事をお読みいただけます。

関連記事

テニスの前後の記事

ページトップ