SCORE CARDBACK NUMBER

田中将大が8年ぶりに日本球界復帰。活躍の裏にあった渡米1年目の後悔。

posted2021/02/04 08:00

 
田中将大が8年ぶりに日本球界復帰。活躍の裏にあった渡米1年目の後悔。<Number Web> photograph by KYODO

'19年ア・リーグ優勝決定シリーズ初戦で勝利。当時ポストシーズン通算7戦5勝とファンの信頼を勝ち取った

text by

四竈衛

四竈衛Mamoru Shikama

PROFILE

photograph by

KYODO

 ヤンキースからFA(フリーエージェント)となっていた田中将大の楽天復帰が決まった。2014年の移籍以来、7年間で通算78勝を挙げた田中は、世界最高レベルの舞台に身を投じても、結果を残し続けることで名門ヤンキースの主軸としての立場を築き上げてきた。

 7年総額1億5500万ドル(約161億円=当時)の大型契約を結び、まさに鳴り物入りで入団した田中に対し、辛口で知られる地元ニューヨークのメディアやファンは、お手並み拝見とばかり、当初は好奇の目で見つめていた。その重圧を跳ね返すため、田中は開幕から全力で腕を振り続ける。デビュー戦を白星で飾ると、初完封まで6連勝。前半戦だけで12勝(4敗)を挙げ、球宴にも選出された。ところが、7月初旬に右肘が悲鳴を上げ、戦列を離脱。イチロー、黒田博樹と一緒にプレーした唯一のシーズンは、ポストシーズンに届かないまま終わった。

こちらは雑誌『Number』の掲載記事です。
ウェブ有料会員になると続きをお読みいただけます。

残り: 527文字

ウェブ有料会員(月額330円[税込])は、この記事だけでなく
NumberWeb内のすべての有料記事をお読みいただけます。

日本ラグビー 主将に学べ

Sports Graphic Number 1020

日本ラグビー 主将に学べ

 

関連記事

田中将大
ニューヨーク・ヤンキース

MLBの前後の記事

ページトップ