Number ExBACK NUMBER

「迷った時は険しい道を選べ」世界最高峰NHLを目指す大学生・三浦優希が続けるアウトプットと描く未来 

text by

高木遊

高木遊Yu Takagi

PROFILE

photograph byLake Superior State University Hockey Team

posted2021/01/15 11:00

「迷った時は険しい道を選べ」世界最高峰NHLを目指す大学生・三浦優希が続けるアウトプットと描く未来<Number Web> photograph by Lake Superior State University Hockey Team

NHLを目指す三浦優希。現在はレイクスーペリア州立大学に通う4年生だ

強豪校もトップチームのオファーも

 高校進学の際も北海道などの強豪校から誘いがあったが、アイスホッケーに関しては環境が良いとは言えない早実を選んだ。そこから、早実だからこそ実現した校内の短期留学制度を利用してチェコへ。すると受け入れ先のチームから「ここに残らないか?」と誘われ、早実を中退することを決めた。

 クラドノのU20チームでプレーし、今度はトップチームからのオファーも受けたが、練習に参加した際に北米でプレーする選手や北米を経験した選手たちの球際の強さに衝撃を受けて、アメリカへと渡り現在に至っている。

「たくさん失敗をして、たくさん新しい方法を探して、最後は必ず上手くやってきました。“大丈夫かな?”という道で一生懸命に目の前のことに全力で取り組んで学んだことがすごく多いんです」

 自分で決めてきた歩みだからこそ、多くの収穫を得ることができる。これからもそれは変わらない。

「自分が“大丈夫かな?”と思った方を選んだ結果、予期しなかった道がどんどん拓けて、さまざまな出会いや学びがありました。これからも『決断をする時は、難しい方を選ぶ』ということを大切にしたいと思います。そして答えだけを探さないようにしたいです。インターンをしてそうした思考を整理することができました」

 4月末に大学卒業を控え、当面の目標は世界最高峰の北米リーグ・NHLの傘下のチームにまず入団すること。叶わなければ再び欧州でプレーすることも視野に入れているという。

 これから先にどんなことが起こるのか分からない。ただどんな厳しい事態や環境でも三浦は向上心を持ち、選手としても人間としても成長を続けていくことは間違いない。

★三浦優希選手のnoteはこちら!
https://note.com/yukimiura36

この記事の全文は「Number PREMIER」でお読みいただけます。
《バスケ日本代表》ベネズエラ戦、7分18秒の真実…「信じていますか?」トム・ホーバスに問われ続けた比江島慎と川真田紘也
《バスケ日本代表》ベネズエラ戦、7分18秒の真実…「信じていますか?」トム・ホーバスに問われ続けた比江島慎と川真田紘也
甦る死闘。 True Stories of 2023. - Number1086号 <表紙> 大谷翔平

Sports Graphic Number 1086
甦る死闘。
True Stories of 2023.

2023年12月7日発売
800円(税込)

Amazonで購入する

関連記事

BACK 1 2 3
三浦優希

冬季スポーツの前後の記事

ページトップ