野球のぼせもんBACK NUMBER

プロ野球・契約更改の“珍要求” ソフトバンク1年前「シャワー改善して」→今年は「ポスト熱男どうするの?」

posted2020/12/25 17:03

 
プロ野球・契約更改の“珍要求” ソフトバンク1年前「シャワー改善して」→今年は「ポスト熱男どうするの?」<Number Web> photograph by BUNGEISHUNJU

06年にソフトバンク入りした松田宣浩37歳。来季はプロ16年目となる

text by

田尻耕太郎

田尻耕太郎Kotaro Tajiri

PROFILE

photograph by

BUNGEISHUNJU

 プロ野球契約更改の席では「おカネ」以外にも様々な話が飛び交う。

 今年のホークスでは、40試合に登板して防御率2.08だった若手の泉圭輔が「自分のオリジナルグッズを作ってほしい」と球団にお願いをした。「今年、同世代の栗原(陵矢)や笠谷(俊介)、板東(湧梧)さんはあったけど、僕だけなかった。両親にも『まだ出ないのか?』と訊かれるので」というワケだ。

 過去にもこんなことがあった。昨年は柳田悠岐が「ファーム施設の筑後のシャワーを改善してほしい」と訴えた。「銭湯の洗い場みたいな感じのところなんですが、一度押したらお湯が出るけどすぐ止まっちゃう。ドームの方は長く出るから同じようにしてほしい」とのことだった。風呂へのこだわりは他の選手からも。数年前に千賀滉大は「ドームのサウナの横にある、水風呂をもっと冷たくしてほしい。試合後にみんなが使うとぬるくなる」と主張した。

 これらは大抵、「珍要求」と一括りにされるが、チームや自分自身にとってプラスになるものを要求すること自体、決して珍しいとは思わない。

「ポスト熱男をどうするか」

 しかし、今年の松田宣浩が、球団に要望した内容を記者会見で最初に聞いた時は「え?」と驚いた。

「ポスト熱男をどうするか、という話し合いをしてきました」

 自身の後継者について球団はどのように考えているのか、と訊ねたというのだ。

 そんな自分の立場が危うくなる話を自ら切り出す選手など見たことも聞いたこともない。しかも今シーズンの松田はガクンと成績を落としている。9月には約6年間続けた連続試合出場が「815」でストップ。昨季まで7年連続で獲得していたゴールデングラブ賞も途絶えてしまった。だからこそ、失礼ながら「ポスト松田問題」はジョークに聞こえないわけで、会見場にいて思わずペンが止まってしまったのだ。

「正直、若手は足りていない」

 だが、当の松田は会見場に一瞬生じた不穏な空気を察知する間もないほど、早口でペラペラと喋り進める。そして、「ポスト熱男」についての真意も話し始めた。

【次ページ】「正直、若手は足りていない」

1 2 3 NEXT
福岡ソフトバンクホークス
松田宣浩
柳田悠岐
千賀滉大

プロ野球の前後の記事

ページトップ