スポーツ名言セレクションBACK NUMBER

「“殺してやる”と罵られても」「ジェフは酷いということか」オシムや悪童FW、年俸120円Jリーガーの本音<2020名言&珍言>

posted2020/12/28 06:01

 
「“殺してやる”と罵られても」「ジェフは酷いということか」オシムや悪童FW、年俸120円Jリーガーの本音<2020名言&珍言><Number Web> photograph by Takao Yamada/Takuya Sugiyama

オシム、エメルソン……サッカー界それぞれの立場の人たちの言葉の重みを噛みしめたい

text by

NumberWeb編集部

NumberWeb編集部Sports Graphic Number Web

PROFILE

photograph by

Takao Yamada/Takuya Sugiyama

雑誌「Sports Graphic Number」と「NumberWeb」に掲載された記事のなかから、トップアスリートや指導者たちの「名言」を紹介します。今回は2020年のサッカー記事から、インパクト大だった4つの言葉です。

<名言1>
俺にとってのプレッシャーとは、周囲で銃撃戦が起きているあばら家で、怖さとひもじさに震えながら、横になっても全く眠れない夜のことを言うのさ。
(エメルソン/NumberWeb 2020年5月13日配信)

https://number.bunshun.jp/articles/-/843494

◇解説◇
 エメルソンはコンサドーレ札幌に始まり、川崎フロンターレ、浦和レッズなどで恐ろしいほどの決定力を発揮し、2000年代前半のJリーグを震撼させた。ただその一方で10代からの年齢詐称疑惑、唐突すぎるカタール移籍、そして母国ブラジルでも所属クラブの宿敵の応援歌を熱唱して“戦力外”になった。

 とにかく問題児だった男だが、今年5月での直撃取材では「若くして日本へ渡ったわけだけど、この選択は俺にとって大正解だった。日本人は皆、とても礼儀正しくて、他人への思いやりがある。日本で過ごした5年半で、俺は選手としても人間としても大きく成長した」とJリーグへの感謝、そして突然日本から去ったことへの謝罪を口にしていた。

 そんなエメルソンが語ったのは、自身の生い立ちについてだ。決して裕福とは言えない環境で、銃声が聞こえるような治安の悪い街でサバイバルしてきた。生きるか死ぬか――そんな幼少期の経験が、エメルソンのメンタリティーを育んだ。

「狂ったような形相の相手サポーターに『殺してやる』と罵られたところで、本当に殺されるわけじゃない。きれいな芝生の上で、真新しいユニフォームを着て、数万人の観衆の前でフットボールができる。そんなの、俺にとってはプレッシャーでも何でもない」

 一般社会において、エメルソンが成長した環境は決して幸福とは言えないだろう。しかしその中で研ぎ澄まされた本能が、彼独特の得点嗅覚を生んだことだけは確かである。

【次ページ】“月20万円”を捨てて年俸120円

1 2 3 4 NEXT
イビチャ・オシム
エメルソン
安彦考真
下田恒幸

Jリーグの前後の記事

ページトップ