新刊ドラフト会議BACK NUMBER

『99%が後悔でも。』現役アスリートに読んでほしい、経営者・折茂武彦の「情熱」。 

text by

江藤美帆

江藤美帆Miho Eto

PROFILE

photograph bySports Graphic Number

posted2020/12/12 07:00

『99%が後悔でも。』現役アスリートに読んでほしい、経営者・折茂武彦の「情熱」。<Number Web> photograph by Sports Graphic Number

『99%が後悔でも。』折茂武彦著 JBpress 1500円+税

 折茂武彦氏の存在を認識したのは、実は引退発表のときだった。その時に驚いたのは、49歳まで現役のバスケ選手を続け、ただ続けるだけでなく試合にも出て活躍している人がいるということだった。

 その折茂氏が、所属するレバンガ北海道の経営者でもあると知ったときはさらに驚いた。ときどき「監督兼選手」というアスリートは見かけるが、そこそこの事業規模のプロチームで「経営者兼選手」という事例は見たことがなかったからだ。だからその当時は、経営者と言ってもお飾りで、実質的には誰かが実務を行っているのだろうと思っていた。

こちらは雑誌『Number』の掲載記事です。
Numberプレミアムクラブ会員になると続きをお読みいただけます。

残り: 729文字

Numberプレミアムクラブ会員(月額330円[税込])は、この記事だけでなく
NumberWeb内のすべての有料記事をお読みいただけます。

<緊急追悼特集>さらば、マラドーナ。神に最も愛された男

関連記事

折茂武彦
レバンガ北海道

バスケットボールの前後の記事

ページトップ