Number ExBACK NUMBER

山井→岩瀬、13年前“消えた完全試合”の夜 日ハム側の証言「完敗したのに、なぜかどんちゃん騒ぎだった」

posted2020/12/07 17:02

 
山井→岩瀬、13年前“消えた完全試合”の夜 日ハム側の証言「完敗したのに、なぜかどんちゃん騒ぎだった」<Number Web> photograph by BUNGEISHUNJU

あの“消えた完全試合”の後、マウンドで捕手・谷繫と喜びを分かち合う先発・山井

text by

鈴木忠平

鈴木忠平Tadahira Suzuki

PROFILE

photograph by

BUNGEISHUNJU

 中日が53年ぶりの日本一を目前にした9回、パーフェクトピッチングの山井に代えて、岩瀬――。あの前代未聞の継投策を、敗れた日本ハムはどう見ていたのか。当時の選手、コーチが回想する。(全2回の後編/前編へ

 この試合、自分の出番はなさそうだ……。田中幸雄はシリーズ第5戦の戦況を見つめながら、脱力していくのを感じていた。

 プロ22年目、39歳、ミスター日ハムと言われる男は、代打屋としてベンチにいた。

 右投手の山井が8回までパーフェクトの快投を演じていた。現実的に右打者の自分が打席に立つことは想像できなかった。いつものようにイニングの合間にスイングをして、体は温めていたものの、最終回を迎える頃には心のスイッチを切りかけていた。

 だから、9回表のマウンドに左腕の岩瀬が上がった時には我が目を疑った。ただ、その事実を確認した後は不思議と腑に落ちた。

《パーフェクトの投手を代えるなんて考えもしませんでした。だけど、後から、そうだ相手は落合さんなんだ、と思いました》

「ホームランバッターが先頭にいたら、相手は嫌だろう?」

 田中は日本ハムにおいて落合の野球観に触れた数少ない1人だった。1997年、巨人を退団して日本ハムにやってきた43歳の落合は噂に違わぬ個人主義者に見えた。

《キャンプでも少しグラウンドに出てきて、あとはフイッとどこかに消える。ひとりエアテントでバッティングしているんです》

 だが、同じグラウンドで戦ってみると、それが先入観であったことがわかった。田中はシーズン中、落合から食事に誘われた。

【次ページ】「ホームランバッターが先頭にいたら、相手は嫌だろう?」

1 2 3 4 NEXT
北海道日本ハムファイターズ
中日ドラゴンズ
落合博満
田中幸雄
金子誠
トレイ・ヒルマン
山井大介
岩瀬仁紀

プロ野球の前後の記事

ページトップ