審判だけが知っているBACK NUMBER

<私が裁いた名勝負>井上選手は荒々しかった。気力が充満していた。 

text by

雨宮圭吾

雨宮圭吾Keigo Amemiya

PROFILE

posted2020/12/01 07:00

<私が裁いた名勝負>井上選手は荒々しかった。気力が充満していた。<Number Web>

棟田利幸さん

語り継がれる名勝負をその演者のひとり、審判が振り返る。彼しか知らない新たな景色が見えてくる。

2001年 全日本柔道選手権決勝
井上康生 対 篠原信一
4月29日/日本武道館/井上の判定勝ち(審判:棟田利幸)

無差別で争う全日本選手権の'01年決勝は、4連覇を狙う篠原(左)にシドニー五輪金で勢いづく井上が2年連続3度目の挑戦。序盤から攻撃を仕掛ける挑戦者に対し、守勢に回った王者は技を出せない。終盤の大内刈りなど攻め続けた井上はついに篠原を下し、以後3連覇を果たす。

   ◇

 これは世界で一番強い選手を決める決勝戦なんだ。あの試合の前、私はそう考えていました。

こちらは雑誌『Number』の掲載記事です。
ウェブ有料会員になると続きをお読みいただけます。

残り: 1543文字

ウェブ有料会員(月額330円[税込])は、この記事だけでなく
NumberWeb内のすべての有料記事をお読みいただけます。

NBA, The Great Legacy 1990-2020八村塁とスーパースターの時代

関連記事

棟田利幸
井上康生
篠原信一

格闘技の前後の記事

ページトップ