JリーグPRESSBACK NUMBER

【引退発表】中村憲剛、川崎FをJ1の強豪クラブに押し上げた男 背番号「14」に隠された秘話

posted2020/11/02 12:00

 
【引退発表】中村憲剛、川崎FをJ1の強豪クラブに押し上げた男 背番号「14」に隠された秘話<Number Web> photograph by Kamaya Hirofumi

11月1日、今季限りでの引退を発表した中村憲剛選手

text by

中西哲生+戸塚啓

中西哲生+戸塚啓Tetsuo Nakanishi + Kei Totsuka

PROFILE

photograph by

Kamaya Hirofumi

 いつかはその日が来ると、頭では理解していた。理解していたつもりだった。しかし、実際にその日を迎えると、驚きに言葉を奪われた。

 川崎フロンターレの元日本代表MF中村憲剛が、11月1日午後に今シーズン限りでの現役引退を発表した。フロンターレひと筋のキャリアを築いてきた40歳は、表情に憂いや陰りを浮かべることもなく、胸のなかに抱えていた思いを爽やかに明かしていった。

 コロナ禍のためにオンライン配信となった記者会見で、代表質問をしたのは中西哲生である。中西はフロンターレのOBで、1999年に初めてJ1昇格を果たした同チームでキャプテンを務めていた。背番号は14──。のちに中村のアイコンとなる番号だ。

 中西は2000年限りで現役を引退し、中村は03年にフロンターレに入団する。2人が同じピッチに立つことはなかったが、互いが抱くサッカーとフロンターレへの思いは共鳴し、彼らは親交を深めていった。中村は中西を、「良き理解者」と言う。

 中村憲剛という稀代のフットボーラーについて、中西に語ってもらった。

◆◆◆

 引退の意思を聞いたのは、中村憲剛選手が鬼木達監督に話した後、10月25日の夜でした。電話で「引退します」と聞いた瞬間は、すぐには受け止められませんでした。

 左ひざ前十字じん帯断裂の大ケガから8月末に復帰した中村選手は、彼らしいパフォーマンスを見せていました。客観的に評価してもまだまだ十分にトップレベルでプレーできるし、脇坂泰斗、守田英正、三笘薫、旗手怜央、田中碧、宮代大聖といった若手や中堅の選手は、中村選手から学べるものがたくさんある。これからのフロンターレを支えていく選手に、国際舞台へ羽ばたいていく可能性を秘めたチームメイトに、同じ現役選手としてもっともっと色々なことを伝えてほしい、という思いは膨らむばかりでした。

 けれど、「5年ぐらい前から、40歳を区切りに引退しようと考えていました」と言うのです。彼なりに熟考を重ねた末の結論です。ここまで成し遂げてきたものに敬意を表して、快く送り出すべきだと考えました。

J1強豪クラブになったのは「中村憲剛」がいたからこそ

 中村選手のプロとしての足跡は、そのままフロンターレというクラブの成長曲線に重なります。彼が入団した2003年はJ2で戦っていて、3年目の2005年からJ1へ戦いの舞台が移った。2006年には当時の最高位となる2位に躍進しましたが、中村選手はこの年に初めて日本代表に選ばれています。日々のトレーニングでのひたむきな姿勢に加えて、フロンターレを代表して国際舞台で戦うという責任感が、スケールアップを促していったのだろうと感じます。

【次ページ】背番号「14」に隠された秘話

1 2 3 NEXT
中村憲剛
川崎フロンターレ

Jリーグの前後の記事

ページトップ